« 我が家の高校受験-1 | トップページ | 我が家の高校受験-3 »

2011年3月 1日 (火)

我が家の高校受験-2

娘が中学2年になると、最初の面談で高校は私立か公立かを尋ねられました。1年の時にも聞かれましたが、その時は「未定」としていましたが、私立や国立希望の生徒は、1年の時から既に目標校を決めて頑張っている様子。というより、私立中学が不合格で公立中学に来た生徒も数名いるのです。

親がいろいろと考えるより、まず娘本人の気持ちはどうなのでしょう。妻は結構話をしているようですが、私はあまり話もしなくなったので、まともに聞いたことがありません。

別にたわいもない話から聞いたところ、娘は「公立」に行きたいらしいのです。経済的なことを気にしているのかな~と思っていたのですが、それも少しはあるようですが、「共学」の学校に行きたい・・・。というのが理由。私立の場合、男女別学が多く、それが独自の校風になっています。娘の場合は、よくテレビドラマなどで、楽しい高校生活が出てきますが、それにあこがれているらしいです。私はそれが普通でしたが、男女別学はまた違うイメージがあるのでしょうね。

次に志望校をどこにするか・・・。入れればどこでもいいのでしょうが・・・。神奈川県の県立高校は県内であれば学区がありませんので、どこでも受験できます。例えば小田原や横須賀の高校でも大丈夫なのです。以前は、学区制でしたので、私の住むあたりの横浜北部は私立志向が強いので、公立は人気がなく受験も易しかったらしいです。しかし、学区制を廃止し県でも公立高校のレベルアップをはかり、昨今の不況もあってか、公立高校の人気も上がり、ずっと難しくなった様子です。娘の第一志望は横浜市中心部の県立の高校。うちからは地下鉄で行けるところ。公立で、共学で横浜の都心部に近い・・・娘の憧れの条件はすべてそろったようです。そうして始まった受験生活でした。

|

« 我が家の高校受験-1 | トップページ | 我が家の高校受験-3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/51004127

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の高校受験-2:

« 我が家の高校受験-1 | トップページ | 我が家の高校受験-3 »