« 東日本大震災-帰宅難民に | トップページ | 少々不便な生活でも・・・。 »

2011年3月21日 (月)

被災地への帰郷

先週の連休を利用して、故郷の岩手へ帰郷しました。震災のあと、東北新幹線や東北道が不通となり、首都圏から東北地方への一般の交通路が絶たれていましたが、空路が回復し、新幹線との競合のため廃止されていた、羽田-花巻便が臨時に運行されました。

飛行機の燃料と、被災地の燃料不足を考えると複雑な気持ちでしたが、私の実家と高齢の両親が精神的に追い詰められている様子だったので・・・。

私の実家は、盛岡市で岩手県でも内陸なので、津波の被害はありませんでした。ただ、揺れはひどく、家屋は損傷を受けました。また、まる2日間停電となり、まだ寒さの厳しい盛岡で、高齢者にとってはかなりの負担だったようです。

東北地方で、沿岸部の津波の被害は、連日報道されているので、まさにそのとおりの状況です。都市部はあまり放映されませんがそれなりに被害を受けています。盛岡市はそれほどではないのですが、仙台市の中心部では、ガス・水道のライフラインが完全に止まりました。電気も盛岡よりも長い期間止まり・・・。仙台市でも沿岸部は津波の被害。あまりに、沿岸部の被害がひどいので、印象が薄くなっていますが、ライフラインの途切れた都市部の生活も辛いものです。

沿岸部のように家を失い、肉親を失い、避難所生活をしている方に比べれば・・・・。ということを考えながらも、高齢者にやはり・・・。

私が帰郷した頃には停電も復旧し、いつもの生活がもどりつつあります。ただし、ものがないこと・・・。首都圏のコンビニは、ものがなくとも計画停電でなければ営業しているところが多いですが、盛岡のコンビニは、仙台を拠点にして物資の流通システムができているため、物資がなく休業しているところが半分ぐらい。

スーパーにもものはありません。停電が回復した初日は、1人10点までの買い物ができる状態。その後、牛乳とか納豆・米などのものだけが点数制限に緩和されました。

そしてガソリン・灯油がありません。実家では、地震の前に灯油を満杯にしていたそうで、何とか・・・。ガスはプロパンなので大丈夫。断水はありませんでした。電気だけですが、今の暖房機器はすべて電気で動くので氷点下5度ぐらいでも暖房を使うことができず、真っ暗なまま過ごしていたそうです。

実家はそれでも恵まれた方ですが、こういう震災で大きな被災地との「狭間」の人が置いて行かれます。盛岡市がそんな感じでした。大きなスーパーにはものが入りますが、そこまて買い物にいけない高齢者達は、クルマのガソリンもなく、バスも運休状態。食事の宅配サービスも休止。ホームヘルパーも燃料切れで訪問できず。ショートスティの施設も送迎バスの燃料がなく休館。救援物資・緊急用のガソリンは被災地へ回される。

現実的に、家のある人は後回しになるのは当然ですが、こういう状態は盛岡のような都市部だけでなく、沿岸地区で、家が残った地区の方にも当てはまります。

誰が悪いというわけではないのでしょうが、何ともやり切れませんでした。

私のいとこにあたる家族が、宮古市にいます。その家族5名のうち、いとことその子どもが今回津波で亡くなりました。残されたいとこの夫と2人の子供が残されました。津波が来た時に、家にいて間に合わなかったようです。叔父や叔母の話では、海のそばに住みたいということで、家を新築したばかりだった様子。遺体も確認されましたが、こちらも燃料不足で火葬にもされていないようです。私がこちらに戻る時に、宮古までの路線バスが復旧したので、叔父叔母は現地に向かい、私は行けませんでした。

いとことは小さい頃の思い出しかなく、ここ数十年会っていませんが、こういう亡くなり方をすると非常に悲しみが募ります。残された家族を思うと余計に。

岩手県のうち、宮古・山田・大槌・釜石・大船渡・陸前高田の街は壊滅的な被害を受けました。もともと岩手県は、「沿線(新幹線)地区」は行政もいろいろと力を入れていたところですが、沿岸地区は人口も少ないせいか、発展が遅れていた地域です。岩手県も、今後この沿岸地区の復興のためにどういう政策をとっていくか・・・。県知事・県会選挙も間近にありますが、そういうところがより大きな課題となっていくと思います。

1 Photo

盛岡市内のイオン系のスーパーです。物資不足に加え、不要な買占めによるものでしょうか。一部の人による買い占め→物不足→不安→さらに買占め・・・という悪循環。どこかで断ち切らないと・・・。

Photo_2

3月5日にデビューした東北新幹線「はやぶさ」の看板。盛岡駅にむなしく立っています。たった1週間の運行でした。

Photo_4

東急ハンズの移動マーケットが盛岡駅の駅ビルに期間オープンしていましたが、開店休業の様子。

1_2

東北新幹線も東京方面は運休です。秋田・青森方面は開通したようですが、東京方面の復旧は相当かかるようです。

高速道路を利用したバスが運行をし始めたので、首都圏からはそれが唯一の公共交通となるのでしょうか・・・。

|

« 東日本大震災-帰宅難民に | トップページ | 少々不便な生活でも・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/51193139

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地への帰郷:

« 東日本大震災-帰宅難民に | トップページ | 少々不便な生活でも・・・。 »