« 高速道路の社会実験ももうすぐ終わり | トップページ | 鉢植え »

2011年6月12日 (日)

大河ドラマ「江」

今年のNHKの大河ドラマは、徳川秀忠夫人の「江」が主人公。今まであまりメインで取り上げならなかった人ですが、織田信長の姪で、お市の方の娘、淀殿の妹。そして、3度の結婚。豊臣秀頼夫人の千姫の母、3代将軍家光の母・・・と、歴史上いろいろとあった方。

自らは、徳川家将軍御台所として、徳川時代の礎となり、大坂の陣では姉淀殿と娘千姫が大坂方となり、夫が攻めるという悲劇の真ん中にいた女性・・・。結構ドラマになる存在でしたが、いずれも主役クラスにはなっていなかった。

そんなわけで、私も少し期待して見ていますが・・・。上野樹里さんの演技がどうのこうの・・・という世間的な評判とは別に、展開が少し遅過ぎ、約半分が終わってもまだ江が2人目の夫との結婚もしてない状況。今年も「坂の上の雲」があるので、11月末までの放送。

江は、徳川秀忠と結婚し、たくさんの子供を産み、千姫は大坂へ。家光は春日局が乳母となり、江との確執が生じ、忠長は家光との相続争いにより自害に追い込まれる・・・。末娘和子は入内。江の子供たちとの間にもたくさんのドラマが。

これをあと半年でやり切れるのでしょうか・・・。茶々が側室になるまでが長い・・・。そんなことよりも、と思うのは私だけでしょうか・・・。

徳川家の御台所として、大奥で権勢をふるった「江」。大奥もののドラマでは、「江」はいい役の時も悪役の時もあった。大奥のドロドロしたところは、NHKでは取り上げないのでしょうか。あくまでも、「戦国の姫」としてのきれいなところで終わってしまうのでしょうか。

かつて、橋田壽賀子が書いた「春日局」が大河ドラマとなり、今は亡き大原麗子さんが主演で、「江」は長山藍子さんが演じた。後半は春日局と江の戦いがあった・・・。今回「江」が主役のこのドラマ。徳川家に入った「江」の展開が、さらっ~と流されてしまったら・・・、残念です。

|

« 高速道路の社会実験ももうすぐ終わり | トップページ | 鉢植え »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

大河に限らず、ドラマや映画で歴史上の女性を主役に据えた描き方は、本当に難しいと思います。何せ記録が少ない・・ということは作家がイマジネーションを働かせる余地が大きいわけですが、それにしても「江」は初期の頃の描かれ方にちょっとついていけずに、現在は見ていません。

あと女性を主役にしたら誰にしますかね。
卑弥呼・・それこそ記録が無いので作家の好き放題。紫式部や清少納言・・平安時代のキャリアウーマンでしょうか。北条政子はありましたね。秀吉正室もあったな。
バツ2の「江」姫ですが、波乱の前半生に比べると徳川トップ夫人になってからは安定傾向でしょうから、後半は飛ばすのかもしれないですね。

投稿: チェス | 2011年6月13日 (月) 10時40分

昨日は、あいにく見逃してしまいましたが、深夜にやっている「5分間ダイジェスト」で内容はわかりました。まだ展開が遅いようですね。
ところで、電車の中吊り広告にあったのですが、このドラマの作者の田淵久美子さん、ちょっとスキャンダルになっていましたね。ドラマのクレジットタイトルにもありますが、実際にシナリオ本として仕上げているのはお兄さんのようです(協力と出ていますが)。まあ、そういうことはよくあることなのでしょうが、ちょっと素行がよろしくないようで・・・。これもまた話題づくりなのでしょうか・・・。

投稿: AA | 2011年6月20日 (月) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/51929630

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「江」:

« 高速道路の社会実験ももうすぐ終わり | トップページ | 鉢植え »