« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年7月31日 (日)

市民大会の競技役員

一昨年に続き、今年もやることになり、横浜国際プールに来ています。自分のレースは、パスしたかったのですが、なんとか出ました。あと、1時間ぐらいここにいないとぃけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

事故から1年

ちょうど1年前、バイクで走行中に事故に。相手方とは示談も済み、あとから後遺症があったら・・・と心配しましたが、身体に異常はないので、大丈夫でしょう。

事故の後、保険の交渉の大変だったし、仕事でも結構辛い時期もありましたが、今は新しいバイクにまた乗ることもでき、仕事の環境もまあまあ良くなりました。

考えてみれば、たいしたことない事故といえばそうだし、一歩間違えば・・・というようなものだったし、私にとっては軽く澄んで幸いでした。懲りもせずまたバイクに載っていますが、まだあの時のトラウマから抜け出せていません。スピードは出せないし(法規上はいいことなのですが)、走行中に「ここで転倒したら・・・」と思うことが頻繁です。それが良いことなのかどうかわかりませんが、無理はしなくなりましたので、新しいバイクで、まだ立ちゴケもありません。

きっと、今の緊張感が取れた時、また事故にあうのでしょうね。

バイクの他に身につけていたものに、その時の傷跡が残っています。ただ、ジャケットだけはほとんど無傷。事故にあった時からしばらく手がしびれていたので肩のあたりを打ったのですが、ジャケットが擦り切れた形跡はありません。夏だったので、メッシュのものでしたが、結構丈夫なのですね。事故にあったものなので、今シーズンは買い換えようと思っていましたが、まだ着れるし、お金がないのでそのまま着ています。結構高かったので、いいものだったのかも。

事故にあったバイクも、修理され中古車として販売されたのですが、しばらく売れないで店にそのまま。それもつい先日売れたそうです。店舗任せでしたが、整備だけはきちんとしていましたので、わりと外観はきれい。新しいオーナーさんの元でかわいがってもらっているでしょう。

バイクで出掛けて、無事に家に帰ると私自身もほっとします。何事も「無事に帰る」ことがすべてに優先される・・・と改めて感じながらこれからも無事故で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

穴場?

学校が夏休みに入って、私の休日は家族サービスディーになります。

8月の上旬は岩手に帰省するので、それ以外の休みは結構予定がたくさん。今日は、下の坊主を連れて海へ。上の娘は、学校の課外授業とか部活とか忙しく、別行動。そういう年頃なので・・・。

神奈川県で海・・・というと、江ノ島とか三浦海岸とか。でもどこも混んでいます。そこまで行くのも渋滞の列。そんな中で、ある人から聞いたのが、横須賀市の観音崎。バイクではふらっ~と横横道路の終点から近いので、何度か訪れた観音崎。シーズンオフに行ったので、あそこで海水浴ができるとは思ってもいませんでした。

それほど遠くに泳ぐわけではなく、海岸で水浴びをすればいいのです。坊主も、泳ぐのはスイミングスクールでやっているので、海の入って水の中の生き物を見たりすれば満足。観音崎は、それには恰好の場所ですね。水はまだ少し冷たいですね。

小さな入り江で、波も穏やか。遠くに船も見え、灯台付近は緑に覆われています。

横横道路も渋滞もなく、駐車場もたくさんあり普通車は一日860円。バイクで行った時は、バス転換所のスペースに停めても問題ないのですが・・・。

海の中に入っている家族連れの他に、バーベキューをしている人達も。観光センターで道具を貸してくれるみたい。うちは、お弁当持参でしたが、坊主はバーベキューの人のところに行ってうろうろしていたら、そこのグループの方達からいろいろとごちそうになったみたいです。ちょっと一見恐そうな団体でしたが、とても感じ良く、恐縮してしまいました。何もお返しするものがなかったので、余計申し訳なく・・・、観光センターでおみやげ用の軍艦カレーを買ってお渡ししました。

大きな海水浴場ではないので、来ている人達が互いに親近感が持てる感じです。近所の方だけでもなく、わりと遠くからの人もいるようですが、意外と知られていない穴場のようなところです。

灯台のあたりから散策路になっていて、小さな博物館もあり飽きないコースです。浦賀付近は、漁村の面影もありここが横須賀市であることを忘れてしまう感じです。

そのうち、穴場ではなくなるのでしょうね。

201107241533000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

地デジ移行

いよいよ、明日から岩手・宮城・福島を除いた地域で、地デジへ完全移行ですね。トラブルがないといいのですが。

さて、我が家では今年の1月にテレビを買い換えたので地デジ対策は済みました。テレビのリモコンも、地アナというボタンは、表にはなくスライドを開けた中にあります。地デジ移行したら、アナログ放送は砂嵐になる・・・、というので、どういうものか見てみたいと思っていましたが・・・。

我が家のマンションは、ケーブルテレビの屋内配線がされています。そのため、インターネットはケーブルテレビの回線を契約しています。しかし、テレビ放送は契約していません。地デジ移行にあたり、ケーブルテレビ会社からは、加入すれば、現在のテレビでもそのままテレビが見られるということで案内が来ていました。

このマンションのテレビ放送は、ケーブルテレビに加入していなくともその回線を使ってNHKや民放が見られるしくみです(うちでは、ケーブルテレビ会社に、インターネットの料金だけ支払っています)。総務省から、地デジ移行に伴い、準備が間に合わない世帯の救済措置として、様々のところに協力要請があり、うちのようにケーブルテレビの設備を使ってアナログ放送を受信しているところには「デジアナ変換」という形で、明日以降もテレビが見られるようになったようです。

ということは、テレビをわざわざ買い換える必要はなかったのです。ただ、デジアナ変換ではハイビジョン放送やデータ放送はないので・・・。

テレビを買い換えて、スカパーe2に加入したので、その分余計な出費は増えました。ケーブルテレビに加入しても、スカパーの番組は見られますが、スカパーと直接契約した方が安いです。ケーブルテレビに加入するとブルーレイのレコーダーがレンタルできるのですが、うちではハードディスクに録画しているので、見逃しを見る分には問題ないです。長く記録するにはハードディスクだと、見られるテレビが限定されるので、もう少し値段が下がったら買うことにしています。

ところで、NHKの受信料ですが、我が家ではケーブルテレビの団体割引ということで、ケーブルテレビ会社に支払っています。通常より月200円ぐらい安くなります。もともとは、ケーブルテレビに契約している人が、NHKを見る場合の制度でしたが、うちのようにインターネットだけ契約している人にも適用されるようになりました。何か変な感じですが、特なので利用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

ビーナスラインへ2

連休2日目。いよいよビーナスラインを通り、美ヶ原の高原美術館を目指します。天候は、眩しいくらいの日差し。朝から諏訪市内は気温30度。ビーナスラインは、茅野市内から、蓼科高原~白樺高原~車山高原~霧ヶ峰高原を経由して、美ヶ原まで約75キロのロングコース。かつては有料道路でしたが今は無料・・・。通しで走る人も多いのですが、それぞれ途中に観光スポットがあるので、そこを目指す人も。

蓼科高原から白樺湖までは森林の中を走り、その後地途中から視界が広がり絶景。白樺湖は大きいリゾート施設があるので、付近は渋滞。そこを過ぎ大門峠に差し掛かると大パノラマのスタートです。

1 2

2011_07170004

大門峠にて・・・。

途中で立ち寄りたいスポットはたくさんありましたが、とにかくまずは美ヶ原高原美術館へ。やはり連休中なので、それぞれの施設の駐車場は満車それにともない、待ちの車が道をふさぐ。そして大型観光バスがさらに道をふさぐ。おまけに、路上駐車と事故がありある一点を境に、双方向渋滞。尾根沿いの道のためか渋滞の原因スポットは遠くから見えますが、なかなか進みません。観光地はどこへ行っても同じことが起こります・・・。

霧ヶ峰のセンターを右折し、いよいよ標高2,000メートルまで北進です。

Photo

三峰展望台の駐車場にはとても入れないので、ちょっと路上から撮影。

Photo_2 Photo_3

美ヶ原高原美術館の手前までは、かなりきつい勾配ですが、気持ちいいです。美術館は「道の駅」にもなっていますので、広い駐車場がありますが、こちらも満車に近いです。バイク置き場もたくさん。私は早い時間でよかったのですが、いろいろと分散されていました。また、集団の方は遠くへ誘導されていた様子です。それと、ここは上田市になるのですね。

Photo_4 Photo_5

美術館からの眺めです。ここは標高2,000メートル弱。車やバイクで普通に来られるところで、2,000メートル以上の高さのところは国内で、あまりないのかも。私の故郷の岩手で最高峰とされる岩手山が標高2,038メートルなのである意味感動します。

Photo_6 Photo_7

美ヶ原高原美術館は、屋外展示施設なのですね。現代美術作品を集めているようです。独創的なものが多いのですが、屋外ということで大胆なデザインがとてもマッチしている感じです。でも、ここまで来るのが大変・・・。そして作品をここまで運ぶの大変だったでしょうね。

Photo_8 Photo_9

美術館から少し下ったところの散策路の入り口。ここから先に「美しの塔」があるのですが、今回はパス。

帰り道は下り坂。ちょっと恐いです。リアブレーキを使いすぎる癖があるので、できるだけエンジンブレーキと前のブレーキを上手く使い分けて。前にゆっくりの車を見つけてそのあとをゆっくり下ります。美術館のあたりは風もありさわやかでしたが、下るにつれて高原とはいえ暑くなります。気温というよりは日差しが強いので、それが余計に暑く感じます。

Photo_101 2_2

行きで通り過ぎた、車山のリフトです。このリフトで標高1,900メートル以上の山頂まで約15分で到着します。ここまで来る途中でまた、渋滞が何度も。下からファンの熱。そしてクラッチを握ったり離したりで、左手が痛くなり・・・。油圧クラッチは重いです。このリフトの入り口も渋滞でしたが、バイクはすぐに通してくれました。山頂まではかなりの勾配です。おひとり様は少ないですが、何人か・・・。そういえば、下の坊主を岩手山のリフトに乗せた時、泣いて泣いて大変でした。8月にもう一度連れて行こうかと思っていますが、大丈夫でしょうか。

Photo_11

リフトの下りからみた白樺湖です。これで、目的地は済みましたので、後は夕方まで周辺の道へ行って見ます。

Photo_12 Photo_13

左側が、白樺湖から佐久方面に少し行ったところにある女神湖。右側は、蓼科高原をかなり下ったところにある蓼科湖です。白樺湖もふくめこれらの湖は、農業用水を確保するために作られた人工湖なのだそうです。なので、このあたりは集落があり、観光施設も多くあります。今度はこのあたりに泊まってみたいものです。

いろいろと寄り道をしましたが、まる1日ビーナスラインとその周辺を走りました。バイクでこういうところを走るのもいろいろな形があります。平地では味わえないコースを疾走することも楽しいことでしょう。そして、目的地に着き自然の眺めを堪能する・・・。私は負け惜しみかも知れませんが、走りながらのんびりと自然を満喫する・・・。それぞれ楽しみ方があるので、お互いに共存して・・・と思っています。

3日目は、台風の影響で曇り空。運が良かったかな・・・。ホテルをチェックアウトしてそのまま中央道へ。長野県の区域は標高1,000メートル以上なので快適でしたが、山梨県に入った途端、標高が下がり熱気で・・・。ちょっと休みたくても、あの小仏トンネルの渋滞が始まる前に帰らないと・・・。通過は、10時30分頃でしたが、すでに渋滞でした。東名の大和トンネルもそうですが、一気に渋滞が解消するのが不思議。小仏トンネルを抜けた瞬間、ガラガラ状態。

八王子から、三鷹までは順調。ということで、私は調布で中央道を下り自宅へ無事戻りました。これから台風が来るようですが、うまく避けることができ、持参したレインスーツも使用することなく・・・。

あっという間の3日間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピーナスラインへ1

今回の3連休。久々のお泊りツーリング。もちろんソロ(1人)です。バイクツーリングの良いところは1人でも観光地を普通に旅行することができます。もちろん1人旅というのも最近プームになってきた「おひとりさま」で、多くの方が楽しんでいますが、連休の行楽地ではまだまだ少数派。私も仙台に単身赴任の時、休日に出掛けるのがなかなか・・・。

様々の施設も、バイクとライディングジャケットを着ていると、「おひとりさまですか・・・」のあとに「バイクですか・・・」「どちらから・・・」「どちらへ・・・」「いいですね~」なんている会話が続きます。

ただ、私のお泊りツーリングもそろそろ難しくなりました。下の坊主が小学校へ入ったのでそろそろ、いろいろなところへ連れて行ってやらないと行けません。今回はたまたま家族で出掛けることができない用事があり、私にとってしラッキーな連休。

さて、行先・・・。お泊りなら・・・、福島や新潟あたりもいいのですが、ツーリング雑誌には必ず出てくる絶景の地、ビーナスラインを目指すことに。正直言ってビーナスラインってどこにあるのか・・・・知りませんでしたが、諏訪から茅野を経由して美ヶ原まで・・・。2,000メートルの高原なのですね。雑誌などでは、緩やかなワインディングとぐんぐん登っていく爽快感が素晴らしいそうです・・・。とはいっても、走れるか・・・心配。ビーナスラインと一緒に雑誌に出てくるのが、岩手の八幡平アスピーテライン。確かにあそこは絶景です。ワインディングも楽しそうです・・・。私はクルマでは何度も走りましたが、道幅が狭いところもあり、勾配とカーブがきつく、とてもバイクで走るのは恐い・・・と思っているところです。ビーナスラインは八幡平よりはきついコースではない・・・との口コミもあり、ここに決定。

連休で高速は渋滞するので、2泊することにし、土曜日の午後に出発し、その日は諏訪泊り。翌日ビーナスラインを堪能し、3日目の朝に諏訪を出発し、昼頃帰宅のスケジュール。土曜日の午前中と月曜日の午後は家族サービスの予定もきちんと入ります。

いよいよ出発。八王子まで国道246と16号で行き、あとは中央道・・・。ところが何と東名が横浜青葉インターの先で事故渋滞。そのため多くのクルマが246に下りて来て、ひどい渋滞。まったく動きません。なので迂回し、町田市内へ抜けて・・・というルートに変更しましたしたが、町田街道も渋滞。八王子バイパスを過ぎたところでまたまた事故渋滞。自宅から八王子インターまで2時間以上もかかりました。慣れない道なので基本的にすり抜けはしないことにしていたので、車列に並びますが、暑さで熱中症になりそう。コンビニに見つけては休憩と水分補給の時間も余計に・・・。

渋滞中は、冷却ファンが回り、熱風が容赦なく下半身に。熱いです。中央道も相模湖付近で渋滞。山梨に入りやっと解消。しかし暑さは続きます。風も暑く走っていても涼しくないです・・・。このあたりの気温は35度ぐらい・・・。

Pa

八ヶ岳PAについたのは16時過ぎ。今日は諏訪湖を見よう・・・と思っていましたが、予定変更・・・。

明日はいよいよビーナスラインへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

ナイスミドルコース

今日は、桶川にあるホンダのバイクスクールに参加。初級クラスの中でも「ナイスミドルコース」というもの。

こちらのコースにも何度か参加したことがありましたが、普通の初級コースと比べ雰囲気が和やかです。

リターンライダーの方や、最近免許を取られた方など様々。ナイスミドルコースでは、インストラクターの方が、あまりやかましく言わないのが特徴。それなりの年代の方なので、特に危険がない限りは伸び伸びとした感じで・・・というのが方針らしいが、簡単に説明された課題は結構大変なものです。

前半はスラロームや制動中心。スラロームは通過することだけ考えていましたが、今回は少し慎重にやってみたら、何個かパイロンを倒してしまいましたが・・・。

制動は、急制動ではなく、ラインからブレーキを掛けるもの。多くの方は私みたいにクラッチを切るのが早い・・・。エンストが恐いからね・・・とみんな同感。

安全運転の基本は「しっかり止まれること」なのだそうです。スピードが出せるのは、止まれることができるから・・・という言葉にさらに納得。

その他、停車している時に両足をつかず、右足はリアブレーキを踏んだままにしておく・・・などの注意も。そして、乗車する時サイドスタンドを出したままではなく、外した状態で練習してみてください・・・・。とはいっても、それはなかなか難しい・・・とみなさん。私も自分のバイクをこれをやってみて、立ちゴケしたことがあるので。

後半は、コース練習。途中でUターンが入れられました。私はこれが苦手です。途中でリアブレーキが効かなくなりました。リアブレーキの使いすぎ・・・・、結構引きずって走っているから・・・。前ブレーキを使うことを意識してください・・・とのこと。普段の癖が出てしまいました。というか、高速ではそれほどブレーキを使うことなく、下道を走る距離が短いからかな?

まあ、それでも楽しい雰囲気の中で、スクールは終了しました。

とにかく暑い日で、練習以上に暑さとの戦いだった感じも・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »