« ピーナスラインへ1 | トップページ | 地デジ移行 »

2011年7月18日 (月)

ビーナスラインへ2

連休2日目。いよいよビーナスラインを通り、美ヶ原の高原美術館を目指します。天候は、眩しいくらいの日差し。朝から諏訪市内は気温30度。ビーナスラインは、茅野市内から、蓼科高原~白樺高原~車山高原~霧ヶ峰高原を経由して、美ヶ原まで約75キロのロングコース。かつては有料道路でしたが今は無料・・・。通しで走る人も多いのですが、それぞれ途中に観光スポットがあるので、そこを目指す人も。

蓼科高原から白樺湖までは森林の中を走り、その後地途中から視界が広がり絶景。白樺湖は大きいリゾート施設があるので、付近は渋滞。そこを過ぎ大門峠に差し掛かると大パノラマのスタートです。

1 2

2011_07170004

大門峠にて・・・。

途中で立ち寄りたいスポットはたくさんありましたが、とにかくまずは美ヶ原高原美術館へ。やはり連休中なので、それぞれの施設の駐車場は満車それにともない、待ちの車が道をふさぐ。そして大型観光バスがさらに道をふさぐ。おまけに、路上駐車と事故がありある一点を境に、双方向渋滞。尾根沿いの道のためか渋滞の原因スポットは遠くから見えますが、なかなか進みません。観光地はどこへ行っても同じことが起こります・・・。

霧ヶ峰のセンターを右折し、いよいよ標高2,000メートルまで北進です。

Photo

三峰展望台の駐車場にはとても入れないので、ちょっと路上から撮影。

Photo_2 Photo_3

美ヶ原高原美術館の手前までは、かなりきつい勾配ですが、気持ちいいです。美術館は「道の駅」にもなっていますので、広い駐車場がありますが、こちらも満車に近いです。バイク置き場もたくさん。私は早い時間でよかったのですが、いろいろと分散されていました。また、集団の方は遠くへ誘導されていた様子です。それと、ここは上田市になるのですね。

Photo_4 Photo_5

美術館からの眺めです。ここは標高2,000メートル弱。車やバイクで普通に来られるところで、2,000メートル以上の高さのところは国内で、あまりないのかも。私の故郷の岩手で最高峰とされる岩手山が標高2,038メートルなのである意味感動します。

Photo_6 Photo_7

美ヶ原高原美術館は、屋外展示施設なのですね。現代美術作品を集めているようです。独創的なものが多いのですが、屋外ということで大胆なデザインがとてもマッチしている感じです。でも、ここまで来るのが大変・・・。そして作品をここまで運ぶの大変だったでしょうね。

Photo_8 Photo_9

美術館から少し下ったところの散策路の入り口。ここから先に「美しの塔」があるのですが、今回はパス。

帰り道は下り坂。ちょっと恐いです。リアブレーキを使いすぎる癖があるので、できるだけエンジンブレーキと前のブレーキを上手く使い分けて。前にゆっくりの車を見つけてそのあとをゆっくり下ります。美術館のあたりは風もありさわやかでしたが、下るにつれて高原とはいえ暑くなります。気温というよりは日差しが強いので、それが余計に暑く感じます。

Photo_101 2_2

行きで通り過ぎた、車山のリフトです。このリフトで標高1,900メートル以上の山頂まで約15分で到着します。ここまで来る途中でまた、渋滞が何度も。下からファンの熱。そしてクラッチを握ったり離したりで、左手が痛くなり・・・。油圧クラッチは重いです。このリフトの入り口も渋滞でしたが、バイクはすぐに通してくれました。山頂まではかなりの勾配です。おひとり様は少ないですが、何人か・・・。そういえば、下の坊主を岩手山のリフトに乗せた時、泣いて泣いて大変でした。8月にもう一度連れて行こうかと思っていますが、大丈夫でしょうか。

Photo_11

リフトの下りからみた白樺湖です。これで、目的地は済みましたので、後は夕方まで周辺の道へ行って見ます。

Photo_12 Photo_13

左側が、白樺湖から佐久方面に少し行ったところにある女神湖。右側は、蓼科高原をかなり下ったところにある蓼科湖です。白樺湖もふくめこれらの湖は、農業用水を確保するために作られた人工湖なのだそうです。なので、このあたりは集落があり、観光施設も多くあります。今度はこのあたりに泊まってみたいものです。

いろいろと寄り道をしましたが、まる1日ビーナスラインとその周辺を走りました。バイクでこういうところを走るのもいろいろな形があります。平地では味わえないコースを疾走することも楽しいことでしょう。そして、目的地に着き自然の眺めを堪能する・・・。私は負け惜しみかも知れませんが、走りながらのんびりと自然を満喫する・・・。それぞれ楽しみ方があるので、お互いに共存して・・・と思っています。

3日目は、台風の影響で曇り空。運が良かったかな・・・。ホテルをチェックアウトしてそのまま中央道へ。長野県の区域は標高1,000メートル以上なので快適でしたが、山梨県に入った途端、標高が下がり熱気で・・・。ちょっと休みたくても、あの小仏トンネルの渋滞が始まる前に帰らないと・・・。通過は、10時30分頃でしたが、すでに渋滞でした。東名の大和トンネルもそうですが、一気に渋滞が解消するのが不思議。小仏トンネルを抜けた瞬間、ガラガラ状態。

八王子から、三鷹までは順調。ということで、私は調布で中央道を下り自宅へ無事戻りました。これから台風が来るようですが、うまく避けることができ、持参したレインスーツも使用することなく・・・。

あっという間の3日間でした。

|

« ピーナスラインへ1 | トップページ | 地デジ移行 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

お天気に恵まれて、素晴らしいツーリングになりましたですね。お疲れ様でした。
小生はこちらの方面は殆ど行った記憶が無く、遥かな昔、中学生の林間学校が霧ヶ峰という場所だったと記憶しています。車山に登ったかな。
で、9月初旬にカミさんが蓼科へ行きたいと言い出し、彼女が泊まる所を予約していたので、成り行きで小生がプジョリーヌを運転していかねばならない様です。とは言えお写真を拝見すると、なかなか良い所ですね。

投稿: チェス | 2011年7月20日 (水) 14時51分

チェスさま

練習会にも参加せずに、すみませんでした。蓼科~美ヶ原は、想像以上にいいところでした。蓼科~白樺湖・白樺湖から霧ヶ峰センター・霧ヶ峰センター~美ヶ原とビーナスラインは3つの区域に分かれるようですが、蓼科付近は、森林浴をしながら走れるコースなので、私は一番気に入っています。9月だとまだ観光客が多く、休日は渋滞するかもしれませんが、素晴らしいパノラマを味わってきてください。

投稿: AA | 2011年7月20日 (水) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/52247590

この記事へのトラックバック一覧です: ビーナスラインへ2:

« ピーナスラインへ1 | トップページ | 地デジ移行 »