« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月29日 (日)

マシュ・ケ・ナダ

「いい曲だな~」と思いながらも、曲名がわからず・・・ということはよくあること。それがひょんなことで曲名がわかった時は何とも言えない感激となるもの。

ずっと気になっていた曲・・・。それが「マシュ・ケ・ナダ」。わかったきっかけは、昨年海外で大ブレークした由紀さおりさん。ビンク・マルティーニとの共演で、世界中の人が彼女の美声に酔いしれた・・・。NHKの特番で曲名が出たのです。

長年気になっていたことが解決。この「マシュ・ケ・ナダ」は、サンバ調の曲ですが、ちょっとオシャレで・・・。

さっそく、YOUTUBEで検索。由紀さおりさんの歌もありました。由紀さん、基本的に日本語で海外のコンサートを行っています。マシュ・ケ・ナダも最初の部分は原語ですが、あとは日本語訳。海外の人は、何を言っているかわからないのでしょうね。しかし、あれだけ人気が出たということは、由紀さんの声に魅了されたのでしょう。

由紀さんはすでに還暦を過ぎていますが、とても歳を感じさせない・・・。ビンク・マティーニとの出会いは偶然・・・ということでしが、凄いことですね。

由紀さんの曲は、少しおだやかで、間奏に、「1、2、3、・・・」というこれまた日本語で、カウントがされています。その演出もまたいい感じです。

YOUTUBEで見つけた「マシュ・ケ・ナダ」の画像で面白いものが他に2つ。

ひとつは、NHKで放送された音楽バラエティで歌詞をもじったもの。題名は「叔母に愛を」

原詞をカタナカで表記すると最初の部分は「オー アリアーヨ オバ オバ オバ」となるので、「オー 叔母に愛を 叔母 叔母 叔母」となるもの。パーソナリティの宮川彬良さんのアレンジもよく、とても面白いもの。

もうひとつは、琴の演奏会の様子。琴でこの「マシュ・ケ・ナダ」を・・・。こちらも素晴らしい。3名での演奏ですが、1人ずつのアドリブ演奏も・・・。

少しとりこになっています。

※YOUTUBEは最近削除がよくされるのでリンク切れになるかもしれませんが、下記にリンクを貼っておきます。よろしかったら・・・。

由紀さおりさんバージョン

http://www.youtube.com/watch?v=vUB-kAmIy0Y

叔母に愛を

http://www.youtube.com/watch?v=6X3aiIfE5uw

琴の演奏

http://www.youtube.com/watch?v=79lQkZL9AEw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

困った、ドコモ。

ここ数カ月でNTTドコモのネットワーク障害が続出しています。先日は、渋谷区でも通信障害があったようですが、私は会社にいたので特に感じませんでした。そして、ニュースを知った時はすでに回復。家族も障害エリアではなかったので問題はなし。

それでも、これだけ携帯電話のネットワークが進んでいる中、困ったことですね。

我々の世代は、ドコモに対して信頼性が高く、携帯のキャリアとして割合も高いようです。今は大手3社でいろいろと競争をしていますが、iフォンが出た時もうちはドコモからキャリアを変更することはなかったです。

以前も書きましたが、ドコモの製品はどことなくデザインが野暮ったくて、他社のものの方が良いと感じる時があります。しかし、ドコモは「NTT」とつくことで、どことなく安心感があります。首都圏ではだいたいどこでも繋がる携帯ですが、地方に行くとまったく異なります。仙台に赴任して、岩手県を回っていた時に、内陸部から沿岸部へ向かう際に、携帯が繋がらない地域がたくさん。会社の携帯も私個人の携帯もドコモだったので、状態は同じでしたが同僚と同行した際に、他社の携帯を持っていた同僚と通信可能エリアにはかなりの差が。

ドコモがパンフレットなどでセールスポイントとしている「いちばんつながる・・・」というのは、今までの携帯では確かに・・・という実感。

東日本大震災の時も、会社でドコモの携帯の人が通信の回復が早かった・・・ような。しかし、今回のような障害が多発するとその神話も崩れてくるでしょう。

スマートフォンの急激な普及で、対応が甘かった・・・とのドコモの見解ですが、そういう事実が発覚している一方、平気でスマートフォンのテレビCMを流す無神経さ・・・・。ちょっと呆れます。

iフォンの販売で、ソフトバンクが売上を伸ばし、ドコモは大変なようですが、この会社あまり危機感を感じていないのかも・・・。

売上回復のために、新製品の登場させることにばかり気をとられ、インフラの整備までてが回らなかったのでしょうか。

ドコモは民間企業ですが、NTTの連結子会社で、60%以上はNTTが株主。そして、NTT本体も30%以上の大株主が政府(財務大臣)。通信は、国家の存続にかかわるので、政府が係わるのは当然かもしれないのですが、ドコモの経営陣は「決して潰れない」という気持ちがあるのでは・・・。

そんな感じに思っています。ただ、私自身は当分、ドコモからキャリアを変更するつもりはなく、「NTTドコモ」という「親方日の丸」の魔力に憑りつかれてしまっているかも・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

都心ツーリング

この週末はとても寒く、ちょっと遠出は無理かな~。ここのところ毎週プチツーリングに出掛けていますが、来週からは忙しくなるので今日も午後からお出かけです。

近場で、短時間で・・・というと。今回思いついたのは「国会議事堂」。都心ならば道も混んでいないだろう・・・。

首都高も、事故がなければ都心へ向かう道で渋滞はありません。渋谷で首都高を下り、246で赤坂見附まで行き、そこから右折して溜池交差点を登れば永田町です。

このあたりを通るのは久々です。田園都市線が半蔵門線と直通運転をしているので、地下区間を利用することはよくありますが・・・。246は渋谷からは玉川通りから青山通りへ。東京でもとてもきれいな街道です。青山一丁目駅前の交差点まで少し流れかせ悪いですが、そこから先は休日であれば広い道にクルマが数台。交差点の右側がホンダの本社ビル。左手は東宮御所です。警備の警官はいつもの感じでわりと少なめですが、赤坂見附の交差点あたりから、警官がたくさん。ちょうど内閣改造が済んだところなのだからなのか、いつもこれぐらいはいて私が知らないだけなのか・・・。ちょっと緊張します。

休日の都心はゆっくりと信号待ちをしながら回りの街並みをみるたけでも結構楽しいです。私の通勤ルートはちょっと外れているので、わりと新鮮。ただ、都心を走る時は、郊外ではないのでコンビニでちょっと休憩・・・ということもできませんし、気にいったスポットがあっても気軽にバイクを止めることもできません。それが残念です。

さて、溜池交差点を左折すると、国会議事堂の裏手。この道、柵が設置していて通常は開いている状態。警官が検問のように立っているので、行けるのかな~と思っていたのですが、左折レーンに入ってしまい、無理に進路変更もできずそのまま左折。特に止められませんでした。ここは、首相官邸があるのですね…。警備が厳重なのも納得。そこから議員会館前はほとんどクルマがいません。こんな日にバイクで来る人がいたら…あやしいですね。警官に制止させられることはなかったのですが、マークされていたかも・・・。

いろいろと制約のある通行の道路なので、グルグル回っていたら、桜田門の警視庁前。テレビで良く出てくる警視庁の建物を実際に見たのは初めて。ちょっとそこをUターンして・・・。禁止の標識はなかったので大丈夫かな・・・。

2012_01160008

何とか見つけた撮影スポットです。ほとんどクルマがいないので・・・。国会の正門前にはパトカーが横づけしてありましたので、それと一緒に並んで記念撮影をしたかったのですが、それほどフレンドリーな感じではなかったのであきらめました。ここが、日本の政治の中心地です。

帰り道は、そのまま246を下道で。少し渋滞していましたが、東名の渋滞に比べれば何ともないもの。逆に街並みを眺めることができて・・・。

大学入試センター試験が終了したのか、渋谷の青学・三軒茶屋の昭和女子大・駒沢の駒大から受験生の行列も。

2012_01160010

スマホのナビはこんな感じにつけています。量販店に行くと、スマホのサイズにあわせたホルダーが売られていますが、店に人に聞くと風圧で落ちる可能性もあることと、小石や虫が衝突することもあるのであまりお勧めではないとのことです。とうことで、小型ナビ用のケースに入れています。少し下をみないといけませんが、私は運転の時あごが上がるようになり姿勢が悪くなるので、少し目線を下この位置はちょうど良いです。ずっと画面を見ているわけには行きませんが、角度的には良く見えます。ただし明るい日はスマホの画面調整機能でみえなくなるのが残念。

このナビソフトはドコモの「ドライブネット」。本来はクレイドルという機械と接続することで、渋滞情報やトンネル内での位置情報機能もアップするようですが、私はそれなしで使っています。写真ではよくわかりにくいのでしょうが、大きな分岐点では3D的な表示になり、現在地の市区町村名が表示されます。月額315円がかかりますが、専用のナビは買えないので・・・。安いものだと、ドコモのものよりも機能がないものが多く、まあま気に入っています。他にスマホのナビだと、グーグルのものがわりと良くできていますが、市区町村名が表示されません。ドコモの「地図ナビ」というものもありますが、そちらは交差点表示が小さいのでバイクには無理です・・・。

地方部は、道がそれほど複雑ではないので、案内ルートを外れてもすくに他の道を表示しますが、都心では道を外れると次のルートを割り出すのに時間がかかり、交差点に来ていても行先を表示してくれませんでした。また、帰り道の246は首都高の下を走っているので、画面には首都高のルートがずっと表示されます。最初に有料ルートを設定したので仕方ないのですが・・・もこれも御愛嬌でしょうか。

スマホには、通過した道をトレースするアプリもありましたが、GPSの感度のせいか正確ではないので使っていません。

そして、もうひとつ気をつかないといけないのは、電源。フル充電したままではすぐに電池がなくなります。そのため、バイクからバッテリーを取ることにしていますが、そのまま充電状態にしているとスマホが熱くなります。あまりよい状態ではないので、時々充電を切りながら走行。ただ、極端に電池が無くなると、充電が間に合わないようで、電話も使えないことになるのが注意です。とりあえず遠出をしてもバイクが動けばスマホの充電ができるので、いろいろと便利です。

ところで、先日アップデートした「エリアメール」。12日緊急地震速報が出た時にはなりませんでした。ドコモに問い合わせてみたら、メール送信時に他の通信が行われていると届かないしくみ・・・らしいです。特にスマホは勝手に通信をしている場合がありその場合はダメ。結局あまり使えないようです。

2012_01160011

先週買った箱根神社のステッカーです。反射色なので結構目立ちますね。しばらく貼っておきます。

2012_01160012


もうひとつ面白いステッカーがあったので・・・。いろいろあるものですが、「へたくそ」というものもあり、私はそちらま方がよかったかも。

今日は、約2時間ののんびり都心コースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

「エリアメール」と「ドライブネット」

本日、NTTドコモからスマートフォンの「SC-02C」のアップデートがありました。

話が前後しますが、私が2つ折リの携帯電話からスマートフォンに機種変更をしてもう少しで3か月になります。やっと使い方がわかってきた感じでしたが、最初は大変。頻繁にドコモのインフォメーションセンターに電話していました。

うちは私の両親から妻の両親までファミリー割引でドコモと契約をしているので、iphoneが出た時も円がない状態。ドコモのスマートフォンは今一つデザインが気に入らないのと、今まで使っていた「ワンセグ」「赤外線」「おさいふケータイ」が使えないので見送っていたのです。家の近所のドコモショップでふとみたスマートフォン。夏モデルの終わりて冬モデルの前ということで、サムスンの「ギャラクシーS2(SC-02C)をiphoneに対抗すべく陳列。このギャラクシーS2は、かなりiphoneを意識しているようで、デザイン的にも良く似ています。性能自体はドコモの中ではかなり良質。ただ、韓国のサムスン製なので日本の携帯電話の便利機能が・・・ない。

震災の時に、「ワンセグ」はとても役にたちました。計画停電でテレビが見られない時に頼りにしたのがワンセグ。これは外せない・・・。「ワンセグ」「赤外線」「おさいふケータイ」は日本仕様のものなので、海外メーカーには厳しいようで、ギャラクシーS2の前の機種には一切ついていません。今回の「S2」はワンセグには対応しました。おさいふケイタイは便利でしたが、これいい気になっていると使い過ぎてしまい、毎月の請求でびっくり・・・ということもよく。なので「おさいふ」はあきらめました。冬モデルで「XI」対応の後継機が出ましたが、こちらにはワンセグが省略されたので、待たずに良かったのかもしれません。

日本のメーカーからはやっと「全部入り」のスマホが発売され、ラインアップもにぎやかに。しかし、回りの縁取りがはっきりしているデザインのものはなく・・・。

サムスンとアップルで様々な国で訴訟問題が起きていますが、それも頷けます。日本のメーカーはあえてそれを避けたのでしょう。

ギャラクシーS2では、通信速度がXIではないのですが、我が家の付近は来年から再来年の対応地区であるのと、家ではwi-fiが使えるので特に問題はないです。

ところで、ドコモが提供している「エリアメール」こちらも震災の時には役立ちました。3月はしょっちゅうなっていました。ギャラクシーS2が対応していないことはマイナスポイントでした。ドコモショップの方からは「なまず速報」というアプリがあるのでそちらで対応できると言われ、私はしばらくはそれで・・・。半ばあきらめていたエリアメールが、今回対応。震災による国の後押しもあったのでしょうが、エリアメールに対応したのはうれしいことです。設定をした後に、着信音を聞いて・・・・確かに。あまり聞きたくないものですが、やはり安心。

今から考えてみると、2つ折りの携帯電話は、それなりにかなり高性能だった・・・かな?

スマートフォンは画面が大きく見やすいのと、携帯よりももっといろいろな機能がある・・・のですが・・・・。

スマホの中で気に入っているのは、「ナビ」。ドコモの「ドライブネット」は気に入っています。スマホ単体では機能が制限されるのと画面の制約からクルマには物足りないのですが、バイクにはちょうど良いのです。バイクのナビはきちんとしたものを買うと8万ぐらいしますので、スマホと兼用ならは安上がり。GPSの電波もクルマより届きやすいようです。

スマホの特性として、電池の消費量が激しく最初は予備のバッテリーを持って行っても帰りは電話自体も使えなくなるほどに。今は、バイクから電源を取っているので、わりといい感じです。こちらについては後程詳しく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

箱根神社参詣と「こっこ」

毎年新年の恒例としている箱根神社への参詣。我が家では、初詣では子供たちが生まれた時から行っている神社へすでに済ませましたので、いつものように私とマイバイクくんのお参りです。

昨年は、娘の合格祈願をして無事合格したのでそのお礼もあります。当の本人は、先日高校の友人達と箱根神社へ行ったようです。もう高校生なので、親より友人達とのお出かけが普通になってもおかしくない年頃なのですね。

さて、今日は3連休の中日。昨日よりは少し暖かい予報があまり当たらず寒かったです。曇り空のためか陽射しがない分余計に。風も少し強く感じましたが、バイクが揺られる程ではないのですが、スピードが出ると余計寒さが身にしみます。

明日も休日ということから、東名から始まり、箱根新道の先から箱根神社まで凄い渋滞です。毎年のことですが、今年は特に・・・。

箱根神社も今日は社殿のある石段から行列。本殿までも参拝客が列をなしています。

冬は、山の方へバイクを走らせるのは危ないので、極力避けていますがどうしても箱根神社へは行きたいと思う私。途中で休憩した駅伝ミュージアム裏手の広場では、雪が少し舞ってきました。それでも箱根神社を目指します。

寒い日に、渋滞の中わざわざ箱根まで出掛けて・・・。我が家の家族は「とても信じられない・・・」と言いますが、辛い思いをして行くのがまたバイクの楽しみ。クルマに乗っていると最近よく感じるのは、車がいかに快適なこと。転倒する恐れもないし。バイクはわざわざ自然の厳しさの中に 4入っていく・・・。快適な季節なんてほんのわずかしかない・・・。バイク乗りはみんなそんな思いで走っているのだと思います。

帰り道で、箱根関所南側の温度計は1度でした。

20120108_150903

神社境内の駐車場は満車状態で、ずっと行列。しかし、バイクは入れます。ここ数年いつものところに停車。私の他のバイクはいませんでした。毎年数台は来ているのですが。

20120108_152200


神社の本殿への行列です。みんな神道の信者ではないのに、正月は神社へ出掛ける・・・という日本人の習性。私も日本人だな・・・と感じる時です。

20120108_194018_2


今年買ったのは交通安全のステッカー。マイバイクくんに貼ってあげようと思います。そしてもうひとつ「仕事守」。こんなもの以前からあったのでしょうか。私が気がつかなかっただけかもしれませんが。昨年は仕事でいろいろと大変でした。今年もしばらくは続きます。ふと目に着き、思わず買ってしまいました。こちらはカバンの中に入れて出勤します。

すっかり日が暮れてしまった帰り道で、こちらも恒例の東名大渋滞。ただし、流れが止まっていなかったので、すり抜けせずにゆっくりと安全運転で・・・。

ところで、海老名サービスエリアがリニューアル。いろいろな店が入りました。郊外のショッピングセンターのようです。スーパーの成城石井も入っていました。ネクスコ中日本はこういうスタンスで行くのでしょうか。何かつまらないですね。サービスエリアはおみやけ品ショップと軽食コーナー。そして少し高級なレストラン。お茶や水のサービスがあって・・・。海老名では、お茶は2階に移りました。そして好きだったほうじ茶もなくなり。結局は自分で買わないとダメなのでしょう。

20120108_230104


1,000円のサービス券があり、15日が期限。そこでおみやけに「こっこ」を買って帰りました。静岡のみやけ品なのですが、ショップでは人気でしたので。結構おいしいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »