2010年1月29日 (金)

首都圏ニュースは神奈川県の話題ばかり・・・。

久々に早く帰宅し、NHKの「首都圏ニュース845」を見たら・・・。

トップは新幹線の立ち往生。架線が切れた場所は横浜市神奈川区。大変だったようですね。週末だから特に。うちの会社の人は知らなかった様子。

次は、神奈川県の松沢知事の著作の盗用問題。これは東京地裁でしたが。そして、神奈川県職員の公費不正使用。その前に、横浜市緑区で、飲酒運転の軽自動車が飲食店に突っ込んだらしいです。店の客の1人は心肺停止状態。とんだ災難。

そして、川崎市宮前区の福祉施設の不正請求。ずっと神奈川県の話題。首都圏のニュース番組なのに、神奈川県の番組のようです。

それだけ神奈川県って事件が多いのでしょうか。今日は特別・・・。

神奈川県民としてもっと明るい話題がないかな~と思ったのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

「ロス疑惑」再び

「ロス疑惑」・・・、懐かしいですね。三浦和義さんの逮捕のニュースにも驚きましたが、懐かしさもたくさん。事件が起きたのは、1981年。今から27年前ですね。この事件の時は、ちょうど高校生だったのであまり関心はなかったのですが、ロス疑惑が報道されたのは、ちょうど大学生の頃。ワイドジョーで毎日のように話題になり、自宅を中継したり・・・今となっては人権問題になるような過熱報道。

視聴者のみんなが、いわるゆ「Xデー(逮捕の日)」をワクワクしながら見ていた感じです。限りなく黒に近い灰色・・・。みんなそう思って。一審で有罪となりみんな納得。しかし、二審で無罪となり、上告棄却で最高裁にて無罪確定。疑惑を残しながらも、様々なことの限界を感じていました。

私個人の考えですが、やはり三浦さんは何らかの形で事件に関わっていたのでは・・・と思っています。そういう意味では、今回のアメリカの警察での逮捕は「いよいよ核心に・・・」と思えるところ。ただ、ここ数日間のワイドショーのコメンテーターの方も言っていましたが、一度日本の最高裁で無罪確定したものを今更どうして・・・という考えに私も賛成です。誰がどう思おうが、日本の司法制度で確定した無罪。それを今更アメリカの警察が逮捕する・・・とはどういうこと?と思います。日本の警察は「全面的に協力」と言っていますが、「何言っているの?」という思いです。もし、アメリカの捜査で有罪になったら、今まで日本の捜査や裁判は何だったの?ということです。そして、本当に無罪であれば、アメリカが勝手に有罪にすることは許されるの?

27年前と今では、捜査のレベルも違うのかもしれません。しかし、最高裁で有罪の人を無罪にしていいというわけではありません。

日本は、日本人・・・ということを優先して、どこの事件であっても裁くことができ、アメリカはアメリカの主権が及ぶところでの事件に対しての裁判権を持つということの制度の違い。そして、日本との時効のあの方の違い。そういうことも複雑に絡んできているようです。

いずれにしても、被害者の一美さんを殺害した犯人はまだわかっていません。こういう結果になってしまったのですが、この際に真実が究明されることを望みます。また、どういう判決になろうとも、日本の裁判での判決は、もう少し慎重にしなければいけない(今以上に一層ということで)ということで、これから日本で導入される裁判員制度の開始前に課された試練のような気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

国勢調査

5年に1度行われる、国勢調査。

うちは、オートロック式のマンション(といっても、たいしたものではないが)なので、調査員はどうやって調査票を受け渡しするのだろうと思っていた。

今日、郵便受けに、調査票が入っていて、10/5の夜の時間帯にポストの前に調査員が待機しているとのこと。それがダメなら、家主に預けるか、調査員に電話をするようにと書いてあった。

うちのオートロックは、エレベーターホールへの入室をカードキーで空けるもの。エントランスから、各部屋への呼び出し設備はない。宅配便は電話番号が書いてあれば、業者が電話をくれて、下までいけるのだが、書留などの郵便物は部屋にいても不在扱い。用心はいい感じだが、何かと不便。5日は出張なので、とうしようかな?

それにしても、国勢調査の記入内容は結構細かい。「個人情報保護」がしっかりと守られないと、みんなきちんと書かないかも。私はそういうところは無頓着なので、真面目に全部書くだろうが、こういう調査も大変だろうと思う。

調査員は、どうやって選出されるのか?そして報酬はどうなっているのかも不思議。まあ、今から用紙に記入しよう。あっ・・・10/1現在なので、1日にならないと書いちゃいけないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)