2006年11月 6日 (月)

学生服

街の中はすっかり、冬服になった仙台ですが高校生の姿をみると様々な制服があることに気が付きます。女子は学校によって異なるのは当然ですが、男子も一般的な詰襟の学ランタイプのものから、ブレザータイプのオシャレなものも多く見受けられます。

私は、中学・高校とも詰襟の学ランでした。この学生服は、軍服をイメージして作られたものなので、何となくイヤな感じもありましたが、慣れてくると楽なものです。中学1年になった時は、つい先頃までは小学生だったので、学生服があまり似合いません。でも毎日同じ服を着ていければよかったので。

高校に入り、身体も大きくなったので、新しい学生服を買います。このくらいの年齢になると様になってきます。そして、朝ギリギリまで寝ていて学校に行く時も学生服をさっと着ればいいのでこれもまた楽。

でも、少し色気が出てくると、ブレザーとネクタイの制服にあこがれてみたこともありました。

続きを読む "学生服"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

GAP

ファッションブランドで「GAP」というものがあります。アメリカのカジュアルブランドですが、日本にも進出して、人気があります。アメリカントラッドから、カジュアルまで、それなりに工夫されています。最近はトラッド系のものは少なくなっていますが、シャツなどはそのままビジネスシーンでもOKです。

私がはじめてこのブランドを知ったのは、カナダに旅行をした時です。その当時はかなり太っていたので、着るものはすべて「大きいサイズコーナー」でしか対応できませんでした。伊勢丹にはそういうコーナーがありましたが、高くて。アメリカンサイズは比較的大きいサイズなので、旅行の際が買い得です。GAPではないのですが、「Banana Republic」とというブランドを見つけ気に入ってしまいました。「XL」サイズでゆったりと着れ、わりとオシャレで、伊勢丹の大きいサイズコーナーのブランドより安かったので、シャツを数枚購入しました。そして、次にアメリカに行った時、Banana RepublicとGAPが同じメーカーと知り、今度はGAPの店に行ってみました。そうするとたくさんあります、気に入ったものが。そしてまた衝動買い。といっても私のサイズでは必需品だったので。

日本に戻り、しばらくしてGAPが日本に進出していることを知りました。その頃は、大きなショッビングセンターに盛んに進出していたので、私の住む横浜市の港北ニュータウンの北の阪急・南の東急ともにショップがあり、私にはありがたかったです。シャツのサイズは「XL」サイズもあり、私には救いの神。伊勢丹からここへと私のご用達は変わっていました。

そのうち、ユニクロがブームになり、GAPと同じ路線の商品をそろえてきましたが、ユニクロのXLは、私には小さくダメ。

最近、ダイエットをしてユニクロが入るようになり、今はユニクロが御用達です。ユニクロで「L」サイズが入るようになったので、なんと行っても安いし。

仙台に来て、仙台にもGAPの店ができました。なつかして入ってみましたが、やはり高いので、見るだけです。GAPのサイズだと、今私はMサイズで大丈夫です。以前買った「XL」のシャツは本当にブカブカで着られません。ユニクロの「XL」もゆったりです。でも、仙台に来て8キロ太ったので、またそれが役に立つ日が来るかもしれません。来て欲しくはないのですが。

GAPは、子供服や、ベビー用品もかわいいです。私がGAPに通っていた時、娘にもGAPの服を買っていました。妻はあまり趣味が合わないようでしたが、娘は気に入っていました。今はどうでしょう。下の子のベビー用品はたまにGAPで買います。帰省先にはGAPがあるので時たま覗きます。

GAPの青い紙袋。あれもオシャレですね。

当時、日本にはなかったBanana Republicも日本に進出しています。そして、GAPはなんと、私の実家のある盛岡市にも、進出です。「盛岡でGAPが買える」なんて。盛岡の人はどう受け入れるのでしょうね。それも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)