2010年8月26日 (木)

民主党おかしい・・・?

民主党代表選挙に、小沢さんが出馬するのですね・・・。

ちょっと・・・・。変な感じです。民主党の問題ですし、個人の自由なのでいいのでしょうが。

小沢さんは、まだ疑惑が解決していません。いろいろとあるでしょうが、私はやはりグレーだと思います。

ただ、小沢さんの名前が挙がるのは、やはり今の菅さんが信頼できない感じが大きいのでは・・・。菅さんは、参議院選挙の時の話のブレまくり。筋の通らない消費税の話を出したと思えばすぐに引っ込めるし。マニフェストもどうなっているか・・・。

そんなところなのでしょうね。

小沢さんが代表になれば、総理大臣になるのでしょうか。岩手県の出身者の私からみれは、岩手県のゆかりの人が総理になるのは喜ばしいことなのかもしれませんが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

「ねじれ国会」でもいいのでは?

参議院選挙が終わり、民主党が大敗(とマスコミはいっている)しましたね。

今回の国民の審判は、私の個人的な考えですが決して自民党がいいわけではないのですが、民主党の両院の安定多数に不安を感じた結果だと思います。

参議院はもともと「良識の府」といわれ、衆議院で議決したことを再度慎重に審議する場とされています。民主党が政権を取ってもまだ10か月。まだ民主党自体体制が不安定なところもあり、改革もこれから・・・といったところです。幹部もまだ経験不足。そんな中でいいことばかり思いつきのようにやろうとしても、無理があります。特に最近は、「とにかくやってみよう・・・」という考えが多かった感じも。ある意味そういう英断も必要かもしれませんが、今のように生活が苦しい時代に、冒険的なものはちょっと受け入れ難いです。

消費税の税率アップ・・・。そういう議論も必要かとは思います私も。財源がないのですから・・・。ただ、他の党が言っているように、その前に考えることがあるだろう・・・。

もし、今参議院も民主党の安定多数になると、なんでもすんなりと決まってしまう。「ねじれ国会」は政局の不安定・・・というデメリットが。いつまでも法案が通らない・・・ということも。ただ、それだけもめるなら議論が足りないのだと。

憲法改正の手続きや郵政民営化も、自民党の安定多数で国民に対するきちんとした説明もなく、数の力で決まったしまった感じ。

自民党政権時代でも、必要な案件は共産党まで賛成して決まっていることはたくさん。なので、きちんとしたものはねじれであろがどうであろうが決まるものは決まります。ならば、ねじれ国会はそれなりのメリットもあると感じます。

民主党の枝野幹事長は、民主党が多数を取っても数の力ではなく、野党と協調して審議をしていくのが基本・・・と言っていましたが、数の力を持っていれば、どうしても押し通す・・・ということもあるかも。

なので、私はこの結果に満足しています。

ちょっと脱線ですが、どうせ民主党が大敗したのだから、そのまま鳩山・小沢体制で選挙をして、その責任を取って、二人が辞め新たに菅さんが代表になればすっきりしたのに・・・と。

それにしても・・・、私の故郷の岩手選挙区。1人区ですが民主党の圧勝。それほど小沢さんの人気があるわけではないのですが、不思議な地域ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

神奈川県の基地問題

今、沖縄の普天間基地移転、そして辺野古の問題で政局は大揺れ。それに関しては様々な論議があるので避けたいと思います。

日本国内で米軍の専用・共用施設が一番多くの面積を有しているのは当然沖縄県ですが、その次が青森県、そして3番目が神奈川県、4番目が東京都と続きます。

青森県は三沢基地周辺が広大な面積を占めています。三沢基地は、基地の中に一般の空港が間借りしているような特殊な感じ。市街地と隔てられている林の陰に、林立する高層の住宅施設・・・。これもまた凄いものです。私は以前仕事の関係で三沢市まで担当でしたので、市内の学校は防音施設がされ、屋外の騒音はまた凄いものでした。

そして驚くのは、神奈川と東京に実は米軍施設の多いことです。東京は、都心にはオフィス関係のみですから、基地というイメージはありませんが、福生・瑞穂に横田基地。立川基地は返還されましたが、これも合わせるとやはり広大。私の家からあまり遠くない稲城市には、何らやフェンスで囲まれて、立ち入り禁止区域が・・・・。ここは、米軍のゴルフ場。住宅地の真ん中です(住宅は後から建ったのでしょうが)。

神奈川県は、厚木基地。相模原の補給廠。キャンプ座間。保土ヶ谷と瀬谷の通信基地。横須賀基地、根岸の住宅、鶴見の倉庫、池子の住宅・・・などたくさん。本牧の住宅は返還され、マイカルに、相模大野の医療センターは伊勢丹に・・・、とういうように、返還前のことも考えると首都圏では特に基地が多い。

かつての日本軍が「首都防衛」ということで、基地を作った後がそのまま米軍に接収されたためなのでしょう。千葉県は自衛隊がの基地となり米軍施設にはならなかったのかな?神奈川県は、南方からの便がいいせいなのか・・・。

何につけても、沖縄の方に比べたら比較にならないのでしょうが、厚木基地周辺の騒音はひどいです。大和市・綾瀬市・海老名市・相模原市南部は、住宅も密集して、普天間と少し似ている感じではないのでしょうか・・・。飛行機の離発着の回数が、厚木よりも普天間の方がはるかに多いでしょうから、爆音の被害の差はありますが。

テレビの受信障害も多く、公共の予算で対策をしているらしいです。

以前に、マンションのモデルルームを見に行った時、町田や相模大野、大和のあたりは、基地の騒音が激しいので・・・と言われたことがあります。私の家は、田園都市線なので、ここまで騒音は響きませんが、同時多発テロやアフガン戦争の時は、目に見える高さまで、戦闘機が飛び交い、騒音もひどく、テレビの電波も乱れました。

過去に、町田の駅前や横浜市の荏田では、戦闘機が墜落し、民間人が犠牲になった事故もあります。

瀬谷の通信基地は、役目を終えたらしいので返還で合意し、時期を待っている様子。ただ、ここは、農地のままなので、逆に自然がたくさんのところ。返還によって自然破壊となる開発はして欲しくない場所。

厚木と横須賀は返還・・・・ということはないでしょうね。重要基地なので。

今回の、沖縄の普天間基地の移転の問題で、「沖縄県以外にも負担を・・・」ということが論議されています。確かにそういうことも一理あります。大阪府の橋下知事は「場合によっては・・・」みたいな発言をしていましたが、関西には米軍基地はないのですね。なので、そういうことが簡単に言えるのかな・・・。

都心ではわからないでしょうが、横田基地周辺や町田あたりの東京都民や神奈川県の人は、基地がこれ以上増える・・・などということは決して思わないでしょう。東京都の石原知事も神奈川県の松沢知事も、基地問題は避けている様子。

普天間の問題は、沖縄だけの問題ではないのですが、民主党のある議員が「みんな遠い話・・・、と思っているでしょうが・・・」と失言をしましたが、神奈川県の人は決して「遠いところの話・・・」とは思っていないのでは・・・、と感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

鳩山氏は得したのか・・・。

鳩山邦夫氏が、総務大臣を辞任しましたね。事実上の更迭となっていますが。一見、日本郵政の問題点を突き、派手なパフォーマンスでヒーローのように見えましたが。

辞任もある意味潔さも感じますが、ちょっと待って・・・。あの方、麻生政権の産みの親的な人。麻生内閣になっての政治混乱や民主党のスキャンダルがないと支持率が上がらなかった今の政府を作った責任がある人です。

麻生さんに、してやられた・・・的な発言をしていますが、日本郵政の西川社長の責任云々というなら、あなたの責任はないの~といいたいです。

お兄さんの鳩山由起夫さんもやはり弟想いですね。「鳩の乱」なんていっていますが、自民党政権の中心となった弟さん。それを追求すべくでもなく、ジョークで濁すところは拍子抜け。

結局鳩山邦夫さんは、有名になって得したのですね。そういうもくろみもあったのでは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

党首討論

先日、国会で自民党と民主党の党首討論が行われました。民主党は小沢氏が辞任して新しく代表になった鳩山代表でのもの。ニュースでは一部が放送されましたが、衆議院のホームページで映像がみられるので、改めて見てみました。鳩山さんは、話し方も見た目も結構、様になっています。日本の総理大臣としては小沢さんや麻生さんよりはいい感じですね。このあたりが民主党の人気が盛り返した原因のひとつかもしれません。自民党の総務大臣の鳩山さんとはご兄弟のようですが、こちらの鳩山さんは何となく品がない感じです。民主党の鳩山さんとは外見も似ていませんね。

さて、討論の内容。もともと麻生さんには期待していなかったのですが、やはり。「国民の最大関心事は、西松の問題」・・・、ではないですよ。一国の首相がそんなスキャンダルの話題を国民の最大関心事にしないで欲しい・・・と思うところ。自民党は何としても、民主党をやり込めたいので、先手のつもりだったのでしょうが、ますます「品」を落とした感じ。直近では新型インフルエンザや北朝鮮の核実験など・・・。いわゆる危機管理の問題。そして、相変わらず低迷する景気。雇用問題の不安・年金問題など、国民の最大の関心事はここです。これにまったく触れずに・・・呆れました。

一方、民主党。鳩山さんのいいテンポの流れ・・・。しかし、「友愛・・・」など抽象的な話しか出てこない。官僚体制を打破・・・というのはいいのですが、すべては官僚体制のせいにしているみたいです。たしかにこれも原因のひとつですが、もっと民主党政権になったらどう変わるかをアピールして欲しかったです。そして、麻生さんから小沢さんのことを挑発された時、「聞き捨てならない・・・」とか余計に反応している。やはりこの人のバックには小沢さんがいるのだな~ということが見えてきます。私は岩手の人間なので、小沢さんの影響力はイヤという程知っています。私個人としては、限りなく黒に近い灰色だと思います。もともと小沢さんは、自民党でそういう体質の中に居た方です。過ちは過ちである程度認める態度があってもよかったのでは・・・と思います。小沢さんがけじめをつけたことを逆に利用し、新しくクリーンな民主党を打ち出した方が・・・。

いずれにしても、深夜のお笑い番組のように小さなことやお互いの言葉尻をつついた討論。話としては面白かったのですが、国会の党首討論としてはがっかりですね。そして、麻生さんが、一旦終わった話題の小沢さんのことを最後にまた蒸し返して・・・。まったく子どものケンカのような終わり方。

麻生政権にはますます失望した党首討論でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

揺れる民主党

民主党の小沢代表の第一秘書が逮捕されました。

小沢代表の記者会見では、容疑を否定しこの捜査は作為的なものを感じるとのコメント。確かにタイミングが良すぎますね。

以下は、私の憶測なのでお許しいただきたいのですが、正直限りなく黒に近いグレーだと思います。西松建設による政治献金の問題。東北地方に弱い西松建設ゆえに、小沢代表に近づいたという話もありますが、私の実家のある岩手県では昔から建設業界と政治家の癒着は強いものがありました。これは岩手だけの問題ではなく、建設業と公共工事の癒着はみられるもの。

しかし、岩手では「小沢ににらまれたら、建設業はやっていけない・・・」というのは常識だった感じです。もともと岩手県は、自民党も強かったのですが、岩教祖という教職員組合の強いところなので、旧社会党も強い地盤を持っていました。それが衆議院の小選挙区制になり、一気に小沢氏が率いる民主党王国になりました。その頃からダーティーな噂は・・・。

それでも、自民党は安心できないと思いますよ。叩けばホコリが出る人はたくさんいるのでしょう。

野党各党の小沢代表の会見に対してのコメントがまた面白い。共産党だけが、今後の国会で事実関係をはっきりすべきと答えたのに対し、他の党は「これで説明責任は済んだ」との考え。社民党の福島党首までも。このあたりは、時期選挙での連立内閣を意識している感じです。

多少、作為的なものもあるかもしれないのですが、「火のないところに煙は立たない・・・」というのも事実。第一秘書が起訴されたら、もう小沢代表は辞任に追い込まれるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

中川大臣の辞任

ここ数日の話題は、これ。しかしまあ、あの記者会見はひどかったですね。テレビでもひどいところだけを強調するから・・・。

最初、中川大臣は脳梗塞か何かになりおかしくなったのかな・・・と。以前亡くなった小渕首相も、その前兆があったので。しかし、あれば完全に泥酔状態ですね。よくあんな状態で会見場に出てきた・・・とみんな感じているでしょう。

昼食会でワインを飲むのは結構です。でもその後の会見のことを考えたら節制すべきもの。そして何よりも、あんな状態で会見をさせた事務方もおかしいです。結局日本の恥を全世界にさらけ出した感じのもの。いくら大臣がわがままでも、必死に止めるべきなのに。普通の会社ならクビです。

あるコメンテーターが言っていましたが、こうなることをわかっていた、事務方は止めなかった・・・という憶測も。官僚を敵に回すと、思わぬところで仕返しされるらしいです。そんなことも働いていたのでしょうか。そう思うと、中川大臣もいささか気の毒なところもありますが、やはり今度のことは辞任も止む無しですね。

麻生政権もいよいよ危なくなりました。ただ、ここで総選挙をしても民主党が安定多数を獲得するとは思えません。民主党は寄せ集めみたいなもの。小沢代表ももともと自民党でダーティーなイメージはあります。私は地元なのでそれは良く感じています。そうなると、民主党もどこかと連立の必要があります。公明党とは組まないでしょう。社民党も怪しい。国民新党も数が少ない。残るは共産党・・・。共産党は、反自民で野党共闘をしていたけれど、政権党の民主党とは組まないでしょう。自民党が野党になれば、逆に自・共共闘になる可能性も大(この例はたくさんあり)。そうなると、民主党政権も綱渡りの感じ。

ここまで麻生政権が落ちぶれると、逆に政権交代が現実感を出してくるので、いろいろと考える・・・。そうすると、民主党でいいのか・・・という心配も出てきてやはり「自民党に・・・」ということに。そんな世論のねじれを自民党は狙っているのかもしれませんね。私の憶測ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

麻生総理とオバマ大統領

いよいよ、アメリカでオバマ大統領が就任します。初の黒人大統領。といっても父親はアフリカ系ですが、母親は白人のためか「黒人」というイメージは少ないですね。ただし、有色人種であることは確かなので、画期的なことです。世界中が彼の演説に魅了され、100年に一度という不景気からの脱出に望みをかけています。

圧倒的な人気のオバマ氏に対して、日本の麻生総理はマスコミの世論調査で支持率が10%台になってしまいました。「選挙の顔」として総理になった人ですが、その支持率低下はとても急なものです。アメリカと日本とでは全世界に対する影響力が違うけれども、その国民にとっては、自分たちの生活を委ねるもの。「日本はアメリカの1つの州」みたいなもの・・・、揶揄されることもありますが、やはり日本の総理もアメリカ大統領と同格に対話ができる人望と力量があって欲しいもの。そのためには国民から政策はもちろんのこと、演説でも行動でも支持があることは当然。

見た目で判断するわけではないのですが、今回のアメリカの大統領選挙はとても面白かったですね。民主党の候補者選挙。ヒラリーさんも頑張った。こちらは初の女性大統領の期待がかかりました。途中でやはり力量の差がでましたが、ヒラリーさんは最後まで戦った感じ。見た目もどちらの候補も良かったです。本選になった時、共和党候補とオバマさんでは若くてバイタリティーがあって・・・そんな感じで、みんなオバマさんに魅了されました。

一方麻生さん。最初は良かったのですが、だんだん言動に矛盾が出てきたり、漢字が読めなかったり・・・。表情も個人的な意見ですがあまりよくありません。

現代は、テレビがあるので、国のトップの方の様子はそのまま家庭で見ることができます。そういう意味で、マスコミをいかに利用するかが、支持率にもつながってきます。日本の場合、官僚体質があるので、誰が首相になっても同じ・・・というあきらめ感もありますが、それでもテレビの前で頑張っている姿をみると、それはそれでスターになります。アメリカの場合はそういうところを上手く利用していますね。オバマさんもマスコミを最大限に利用しました。いいところだけしか放送されないかもしれませんが、それによって効果絶大。半面、麻生さんはマスコミの使い方が下手だったのかな・・・。

前の福田首相。この方、以前の官房長官の時記者会見で大変ユーモアを交えた発言でとても国民には印象がよかったですね。首相になってからはそれが消え、同時に支持率も下降。小泉元首相は、とてもマスコミの使い方が上手かった・・・。記者会見でもインタビューでもマスコミを利用して、最大のパフォーマンスをしました。その後のつけが今来ている・・・という見方もありますが、一時小泉さんに多くの国民は魅了されました。

麻生さんはマスコミぎらいなのでしょうねきっと。麻生さんが尊敬する祖父の吉田茂元首相は、マスコミにも媚びることなく爆弾発言もたくさんだったそうですが、あの当時と今ではまったく違うのです。決して媚びることはしなくとも、マスコミを利用して自分の考えを売り込むことがあのお方は苦手なのかな・・・。しっかりとしたブレーンの方もいるでしょうが、もともと「オレ様内閣」と言われた方ですから、いうことを聞かないのでしょう。

アメリカで「チェンジ」を唱えたオバマ大統領が就任しますが、日本では変革で民主党が政権をとることになるのでしょうか・・・。でも小沢さんもちょっと日本の顔には・・・と思う私です。ただ、同じ世論調査で総理にはどちらがふさわしいか・・・という問いに小沢さんの方が多数を占める結果となったことに、もう麻生政権は末期のような気がします。政策でも定額給付金・渡り問題・景気対策・雇用問題・消費税ともう何重もの縛りができてしまった今、政権をまだ維持させていることの方が、凄いことですね。

さて、いよいよオバマ大統領の就任式が始まります。アメリカはまだまだ人種差別が根強い国。白人至上主義者も多いとのこと。キング牧師やリンカーンをあまりに意識しているので、彼らと同じような運命をたどらないことを心から祈るばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

セブンイレブンの盛岡出店

父親の状態も少し落ち着いたので、妻たちは先に横浜へ帰りました。明日私は、再び北海道へ渡り、飛行機で羽田へ戻ります。かなり変則的な旅行と帰省でしたが、何とか無事に休暇は終わりそうです。まだ父は県立病院に入院していますが、母の体調が心配のところもあります。ただ、そう休みはありません。仕方ないですね。さて、私の故郷、盛岡市にもセブンイレブンがオープンしました。今までなかったのです。日本でナンバーワンのコンビニにないというのは意外でしょうが、青森・秋田にはありません。問題は、お弁当などの工場と輸送の問題。セブンイレブンは、仙台に工場があり、宮城・山形をカバーしています。岩手県でも県南の一関市にはセブンイレブンがすでに出店。一関は仙台から高速で1時間くらいなので、特に問題なかった様子。盛岡は2時間以上かかるのでそれがネックになっていたようですが、何とかしたのでしょうね。もともと盛岡には、「ホットスパー」というコンビニが多かったのですが、ローソンに変わり、サンクス・ファミリーマートが進出。もともと地方に強かったヤマザキデイリーを加えた戦いでした。これにセブンイレブンが加わると、もっともっと熾烈な競争になるのでしょう。今は、3店舗ですが、今後どんどん新店舗をオープンさせるようです。明日、再び北海道に上陸しますが、預けておいたバイクを引き取ってすぐに新千歳で積み込みをするので、札幌と千歳の往復だけです。もう少し時間があればと思いますが…残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

洞爺湖サミット

8年ぶりに日本で開催されたサミット。福田首相は議長としてうまくリーダーシッブが取れるかが試されている様子ですが、厳しいでしょうね。そして、日本の地位もだんだん下がっている感じ。日本の外交政策は完全に他の諸国に負けている感じです。その原因はやはり、国内の様々な問題が根本的に解決されていないのです。私には良くわかりませんが、日本のいい時代を知っている世代としては、残念です。

さて、サミットの場所ですが、以前は各国の首都や大きな都市で開催されていましたが、警備上の問題から、リゾート地などに変更されています。確かに各国の首脳が来るので、何かあったら大変なことです。他国の開催地をみると、自然の美しいひっそりとしたいい場所が会場。そういう意味では洞爺湖は絶好の地。前回の沖縄サミット。世界の平和を願うという意味ではいい場所だったのですが、この時期はとても暑いのです。先進国の中では、日本は特に暑い地域なので、いくら冷房が効いているといっても外は大変。また、日本の文化の紹介ということであれば京都が一番ですが、ここも暑い。洞爺湖は気候的にもいい場所でしたね。

私は夏に北海道へ行きますが、妻たちと合流した後洞爺湖へも行く予定です。サミットが終わり静かになっているでしょうから。

ところで、東京も厳戒体制。ところどころに警察官が。これはこれでいいのですが、他の治安は大丈夫なのでしょうか・・・と少し心配。

渋谷駅にもたくさんの警官が。渋谷駅の地下ホームは東急の管理下になってから東急の警備員が配置されるようになりました。それに加えての警察官。副都心線のホームは広いので、警察官も目立ちますが、田園都市線のホームは「どこにいるの~」という感じです。田園都市線のホームは終日人で混雑するので、もしここでテロがあったら大変なので、もっとこっちに警官を配置すべきでは・・・と思っていたのですが、こちらにもいましたよ警官。あまりに人が多いので、隠れてしまっているようなのです。警官が目立つところにいるのが安心効果になるのですが、田園都市線のホームはいくらたくさんいても目立ちません。ここ何とかしないといけないよ~東急さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)