2012年3月 3日 (土)

箱根にはまだ雪があった

今日は、春の訪れを感じさせるような暖かい天気。

こういう日は、プチツー。

気温の割には北風が強いとのことでしたが、それほどできないので思い切って箱根まで。

下界は暖かいのですが、小田厚の平塚を過ぎたあたりから曇り空になってしまいました。箱根新道に入り、しばらくは周囲の雪も消えて、もう春の装い。温泉が近いのでその効果でしょうか。しかし、新道の七曲りあたりからは、道路も濡れています。路肩の雪も目立つようになり、それが溶けだしたのか・・・。

新道の終点から道の駅に曲がるあたりはすっかり冬道。道の駅の温度計は3度。それほど寒くは感じませんでしたが、駐車場の路面は今にも凍りそうな様相です。

こういう時時は長居は無用。早々に退散です。

20120303_151658

先日の大雪で、箱根もかなりの積雪とのこと。やはり気温が低いので雪はそう簡単に融けませんね。

下り道は、山側になるところが多く、路面も湿っていて・・・。後ろからクルマが来ないので、徐行で・・・。新道は何度も訪れていますが、私にとってちょっと難所と思うところが2か所。上りはいいのですが、下りはちょっとつらいです。前に見えたクルマがほとんど視界に入らなくなった状態でしたが、旧料金所の手前では追いついてしまったのが不思議・・・。あせってもあまり変わらないのかな?

帰りの時間帯に、北風が強くなった感じです。小田厚では行きも帰りも何台か覆面に捕まっていましたね・・・。

東名は渋滞もなく快適に帰宅です。

ところで、うちの近所の246沿いに「峠茶屋前」という交差点があります。所在地は川崎市宮前区有馬9丁目付近。横浜市との境界あたりです。

この「峠茶屋前」という交差点名は最近(といっても2年くらい前)つけられました。川崎市と横浜市の境界付近は、確かに峠のような起伏になっています。川崎市側は旧橘樹郡、横浜市側は旧都筑郡。今は多摩田園都市として繋がっていますが、昔はこの起伏がそれぞれの集落の活動範囲を分けていたのでしょうね。この峠茶屋にあたるのが、今はローソンになっています。私は学生時代このあたりに住んでいましたので、ここに「峠の茶屋」というドライブインがあったことを知っています。現在の246は川崎市を超えたあたりから新石川立体になっていますが、当時はこの峠の茶屋より先は民家もなく、荏田の集落まで建物もあまりない状態でした。

当時のドライブインの建物をそのまま残してローソンになっていますが、懐かしい感じが漂う風景です。周囲はマンションが多くなりましたが、コンビニは貴重な存在ですね。

20120303_123722

ローソン有馬9丁目店前の国道246交差点。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

東京ゲートブリッジ

今日は、前日の天気予報が外れ、日もあまり差さず寒い日でした。

ちょっと会社に用事があり、出掛けることに。首都高で事故がなければ、休日にバイクで出掛けると30分ぐらいで着きます。普段は電車で1時間ぐらいかかるのですが・・・。

こういう日は都心ツーリング・・・。会社の付近にはバイク駐輪場もあり、短時間なら無料。首都高が距離別料金になると、無理に高速を使おうとする人が少なくなるということでしたが、確かに最近は気候のせいもあるでしょうが空いています。

会社での用事が早く終わったので、ちょっと寄り道。先日開通した、江東区の若洲にある「東京ゲートブリッジ」へ行ってみることに。予報では、北風が強い・・・とのことでしたが、まだそれほど強くありません。

どうも、強風の中で走ることに恐怖感が抜けません。特に海風は強いので余計に。まあ、風が強かったら、対岸まで行って橋を眺めるだけでも・・・。

スマホのナビを若洲に設定して・・・。自分の感覚だと湾岸線に出て、新木場まで行けばと思っていましたが、ナビだと別のルートを案内します。走りながら確認するのは少し大変。箱崎から、木場で首都高を下り、後は下道で辰巳~新木場、夢の島のルート。

新木場へは良く行きますが、その先の海の方へはほとんど行ったことがありません。ほとんど車の往来もないまま、突き進むと対岸に東京ゲートブリッジが・・・。確かに面白い形です。まだ風も強くないので、そのまま行ってみることに・・・・。

付近にある風力発電の羽もほとんど回っていません。若洲から、新しい大きな道があり、バイクもたくさん・・・これについて行けば・・・・。

この橋は、横浜ベイブリッジよりも、海の部分が長いので、景色もきれいです。一般道なので無料というのもうれしいです。歩行者見学コースが、若洲側から出ています。たくさんの人出。若洲側から入ると、左側は海で、反対車線が都心。反対車線側の方が楽しいかも。夜景はもっと素晴らしいでしょう・・・。

風が弱いとはいえ、東京湾からの風はそれなりに。ただ、一般道で流れがゆっくりなのが救い。橋を渡り切ったあたりから風が強くなり・・・。

対岸はまだ埋め立て地帯。ちょっとバイクを止めて・・・。

20120226_154605

ベストの場所は先客がいたので、遠くにしか見えませんが、向こう側が若洲です。

ところで、ドコモの「ドライブネット」はまだこの東京ゲートブリッジの表示がありません。画面上では、海の上を走っている表示です。先日バージョンアップしたのに、ダメですね。最近このアプリを宣伝しているのに・・・。

帰り道は、さらに風が強くなったので、湾岸線はやめて、渋谷経由で帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

都心ツーリング

この週末はとても寒く、ちょっと遠出は無理かな~。ここのところ毎週プチツーリングに出掛けていますが、来週からは忙しくなるので今日も午後からお出かけです。

近場で、短時間で・・・というと。今回思いついたのは「国会議事堂」。都心ならば道も混んでいないだろう・・・。

首都高も、事故がなければ都心へ向かう道で渋滞はありません。渋谷で首都高を下り、246で赤坂見附まで行き、そこから右折して溜池交差点を登れば永田町です。

このあたりを通るのは久々です。田園都市線が半蔵門線と直通運転をしているので、地下区間を利用することはよくありますが・・・。246は渋谷からは玉川通りから青山通りへ。東京でもとてもきれいな街道です。青山一丁目駅前の交差点まで少し流れかせ悪いですが、そこから先は休日であれば広い道にクルマが数台。交差点の右側がホンダの本社ビル。左手は東宮御所です。警備の警官はいつもの感じでわりと少なめですが、赤坂見附の交差点あたりから、警官がたくさん。ちょうど内閣改造が済んだところなのだからなのか、いつもこれぐらいはいて私が知らないだけなのか・・・。ちょっと緊張します。

休日の都心はゆっくりと信号待ちをしながら回りの街並みをみるたけでも結構楽しいです。私の通勤ルートはちょっと外れているので、わりと新鮮。ただ、都心を走る時は、郊外ではないのでコンビニでちょっと休憩・・・ということもできませんし、気にいったスポットがあっても気軽にバイクを止めることもできません。それが残念です。

さて、溜池交差点を左折すると、国会議事堂の裏手。この道、柵が設置していて通常は開いている状態。警官が検問のように立っているので、行けるのかな~と思っていたのですが、左折レーンに入ってしまい、無理に進路変更もできずそのまま左折。特に止められませんでした。ここは、首相官邸があるのですね…。警備が厳重なのも納得。そこから議員会館前はほとんどクルマがいません。こんな日にバイクで来る人がいたら…あやしいですね。警官に制止させられることはなかったのですが、マークされていたかも・・・。

いろいろと制約のある通行の道路なので、グルグル回っていたら、桜田門の警視庁前。テレビで良く出てくる警視庁の建物を実際に見たのは初めて。ちょっとそこをUターンして・・・。禁止の標識はなかったので大丈夫かな・・・。

2012_01160008

何とか見つけた撮影スポットです。ほとんどクルマがいないので・・・。国会の正門前にはパトカーが横づけしてありましたので、それと一緒に並んで記念撮影をしたかったのですが、それほどフレンドリーな感じではなかったのであきらめました。ここが、日本の政治の中心地です。

帰り道は、そのまま246を下道で。少し渋滞していましたが、東名の渋滞に比べれば何ともないもの。逆に街並みを眺めることができて・・・。

大学入試センター試験が終了したのか、渋谷の青学・三軒茶屋の昭和女子大・駒沢の駒大から受験生の行列も。

2012_01160010

スマホのナビはこんな感じにつけています。量販店に行くと、スマホのサイズにあわせたホルダーが売られていますが、店に人に聞くと風圧で落ちる可能性もあることと、小石や虫が衝突することもあるのであまりお勧めではないとのことです。とうことで、小型ナビ用のケースに入れています。少し下をみないといけませんが、私は運転の時あごが上がるようになり姿勢が悪くなるので、少し目線を下この位置はちょうど良いです。ずっと画面を見ているわけには行きませんが、角度的には良く見えます。ただし明るい日はスマホの画面調整機能でみえなくなるのが残念。

このナビソフトはドコモの「ドライブネット」。本来はクレイドルという機械と接続することで、渋滞情報やトンネル内での位置情報機能もアップするようですが、私はそれなしで使っています。写真ではよくわかりにくいのでしょうが、大きな分岐点では3D的な表示になり、現在地の市区町村名が表示されます。月額315円がかかりますが、専用のナビは買えないので・・・。安いものだと、ドコモのものよりも機能がないものが多く、まあま気に入っています。他にスマホのナビだと、グーグルのものがわりと良くできていますが、市区町村名が表示されません。ドコモの「地図ナビ」というものもありますが、そちらは交差点表示が小さいのでバイクには無理です・・・。

地方部は、道がそれほど複雑ではないので、案内ルートを外れてもすくに他の道を表示しますが、都心では道を外れると次のルートを割り出すのに時間がかかり、交差点に来ていても行先を表示してくれませんでした。また、帰り道の246は首都高の下を走っているので、画面には首都高のルートがずっと表示されます。最初に有料ルートを設定したので仕方ないのですが・・・もこれも御愛嬌でしょうか。

スマホには、通過した道をトレースするアプリもありましたが、GPSの感度のせいか正確ではないので使っていません。

そして、もうひとつ気をつかないといけないのは、電源。フル充電したままではすぐに電池がなくなります。そのため、バイクからバッテリーを取ることにしていますが、そのまま充電状態にしているとスマホが熱くなります。あまりよい状態ではないので、時々充電を切りながら走行。ただ、極端に電池が無くなると、充電が間に合わないようで、電話も使えないことになるのが注意です。とりあえず遠出をしてもバイクが動けばスマホの充電ができるので、いろいろと便利です。

ところで、先日アップデートした「エリアメール」。12日緊急地震速報が出た時にはなりませんでした。ドコモに問い合わせてみたら、メール送信時に他の通信が行われていると届かないしくみ・・・らしいです。特にスマホは勝手に通信をしている場合がありその場合はダメ。結局あまり使えないようです。

2012_01160011

先週買った箱根神社のステッカーです。反射色なので結構目立ちますね。しばらく貼っておきます。

2012_01160012


もうひとつ面白いステッカーがあったので・・・。いろいろあるものですが、「へたくそ」というものもあり、私はそちらま方がよかったかも。

今日は、約2時間ののんびり都心コースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

箱根神社参詣と「こっこ」

毎年新年の恒例としている箱根神社への参詣。我が家では、初詣では子供たちが生まれた時から行っている神社へすでに済ませましたので、いつものように私とマイバイクくんのお参りです。

昨年は、娘の合格祈願をして無事合格したのでそのお礼もあります。当の本人は、先日高校の友人達と箱根神社へ行ったようです。もう高校生なので、親より友人達とのお出かけが普通になってもおかしくない年頃なのですね。

さて、今日は3連休の中日。昨日よりは少し暖かい予報があまり当たらず寒かったです。曇り空のためか陽射しがない分余計に。風も少し強く感じましたが、バイクが揺られる程ではないのですが、スピードが出ると余計寒さが身にしみます。

明日も休日ということから、東名から始まり、箱根新道の先から箱根神社まで凄い渋滞です。毎年のことですが、今年は特に・・・。

箱根神社も今日は社殿のある石段から行列。本殿までも参拝客が列をなしています。

冬は、山の方へバイクを走らせるのは危ないので、極力避けていますがどうしても箱根神社へは行きたいと思う私。途中で休憩した駅伝ミュージアム裏手の広場では、雪が少し舞ってきました。それでも箱根神社を目指します。

寒い日に、渋滞の中わざわざ箱根まで出掛けて・・・。我が家の家族は「とても信じられない・・・」と言いますが、辛い思いをして行くのがまたバイクの楽しみ。クルマに乗っていると最近よく感じるのは、車がいかに快適なこと。転倒する恐れもないし。バイクはわざわざ自然の厳しさの中に 4入っていく・・・。快適な季節なんてほんのわずかしかない・・・。バイク乗りはみんなそんな思いで走っているのだと思います。

帰り道で、箱根関所南側の温度計は1度でした。

20120108_150903

神社境内の駐車場は満車状態で、ずっと行列。しかし、バイクは入れます。ここ数年いつものところに停車。私の他のバイクはいませんでした。毎年数台は来ているのですが。

20120108_152200


神社の本殿への行列です。みんな神道の信者ではないのに、正月は神社へ出掛ける・・・という日本人の習性。私も日本人だな・・・と感じる時です。

20120108_194018_2


今年買ったのは交通安全のステッカー。マイバイクくんに貼ってあげようと思います。そしてもうひとつ「仕事守」。こんなもの以前からあったのでしょうか。私が気がつかなかっただけかもしれませんが。昨年は仕事でいろいろと大変でした。今年もしばらくは続きます。ふと目に着き、思わず買ってしまいました。こちらはカバンの中に入れて出勤します。

すっかり日が暮れてしまった帰り道で、こちらも恒例の東名大渋滞。ただし、流れが止まっていなかったので、すり抜けせずにゆっくりと安全運転で・・・。

ところで、海老名サービスエリアがリニューアル。いろいろな店が入りました。郊外のショッピングセンターのようです。スーパーの成城石井も入っていました。ネクスコ中日本はこういうスタンスで行くのでしょうか。何かつまらないですね。サービスエリアはおみやけ品ショップと軽食コーナー。そして少し高級なレストラン。お茶や水のサービスがあって・・・。海老名では、お茶は2階に移りました。そして好きだったほうじ茶もなくなり。結局は自分で買わないとダメなのでしょう。

20120108_230104


1,000円のサービス券があり、15日が期限。そこでおみやけに「こっこ」を買って帰りました。静岡のみやけ品なのですが、ショップでは人気でしたので。結構おいしいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

冬の海へ

この3連休、とても寒い日でしたが25日は時間ができたのでショートツーリング。

午前中は気温が上がらないので、昼前に出発。山は路面が悪い・・・、東名方面は帰りの渋滞が激しい・・・・ということで、観音崎へ。今まで天気が良かったのですが、昼頃から、雲行きが悪くなりましたね。まるで、東北地方の真冬のよう・・・。暗い雲がたくさん。冷たい雨もぱらついてきました。今にも雪になりそうな感じです。

観音崎へ行く途中の横横道路横須賀パーキングの「まぐろ漬丼」が昼食。本場の三崎よりは味が落ちるかもしれませんが、リーズナブルで結構おいしいです。上り線でも下り線でもどちらもおいしいのですが、下り線(横須賀方面)の店は、うずらの卵が入っていてコーヒーのサービスがあります。味自体は上り線(横浜方面)の方が私は好きですが、今回は下り線で。

観音崎は、訪れる人も少なく、静かでした。

帰りも横横道路を利用しましたが、北風が強く・・・。橋の上では落ち葉の舞いあがっています。風速はそれほどでもないのでしょうが、瞬間的に強風があると少し恐いですね。それに寒さで身体の動きが悪くなっているので・・・。たぶん暑い時は少しぐらい強い風でもそれが心地よく感じるのでしょうか・・・。

先週事故があった都筑インター。明るい時に見ると、本線から出たカーブの壁面が黒くなっていました。あの時見た消防車はやはり消火のためだったのでしょうか・・・。

「あそこは安全なところ」と書きましたが、改めて走って見ると、上り坂なので急激に速度が落ちないようにエンジンの回転を不用意に上げると急加速になって、きついカーブに衝突してしまうような構造。本線でスピードを出したままで、あのカーブに入ると曲がりきれなくて壁にぶつかる危険も。

インターのカーブは、かなりきついのでしっかりと減速していないと危険な個所になることを実感しました。

たぶん今年最後のショートツーリング。無事帰宅できて良かったです。

※写真も何枚かとりましたが、新しいスマホの設定がスーパーファインで、掲載できる容量をオーバーしてしまいエラーになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

12月17日/第三京浜でのバイク事故

前回も東名の事故を取り上げましたが、今回もまた心が痛む話題で申し訳ありません。

今日は、マイバイクにスマホのナビを繋げるために、DCソケットをつけてもらいに、バイクショップへ行き、作業終了後試し走行。横浜市の中心部へ行き、帰りのできごとです。首都高から、第三京浜へ入り、都筑インターまでが私の家と横浜市内へのルートです。夕方になり、気温もずっと低くなり、すっかり暗くなっていましたが、慣れた道です。港北インターを過ぎるあたりから車の流れが悪くなりました。港北インター出口は渋滞するのですが、その先は流れがよくなるはずなのに、今日はずっと渋滞・・・。港北から都筑まではわずかな距離です。

本線から、都筑インターへの出口路線の手前から車の流れが止まりました。あまりない光景です。電光掲示板には「事故」の文字。都筑から先のことかと思いましたが、出口車線の先での事故のようでした。渋滞で待っている時に、後ろから消防車。道路上で火の手は見ませんでしたので、これは別の場所で火事かと思っていました。

渋滞の列から少しずつ車が進み、出口車線から、料金所と都筑パーキングへ分岐する地点の手前のカーブのところで消防車が止まっているが確認できました。消防車は左端に停車。その前に車が一台停車。それと対角線上の右側に車が二台停車。そしてさらにまた対角線上の左側に車が一台止まっていたような・・・。そのためジクザク運転をしないと通れない状態なのが、渋滞の原因。道を誘導するように、発火筒が置かれていました。車の運転手らしき人が、通行するクルマを誘導している様子。

消防車は何かをしていましたが、確認できません。ちょっと右側を見ると、ガードレールにぶつかるようにバイクが転倒し、人が倒れています。車の運転手達がみんなで何かをしていましたが、立ち止まることができないので、よく確認はできませんでした。

横浜市の消防局では、救急車が出払って出動できない時は、消防車が急行することになっています。それなのか、バイクが転倒して、オイルかガソリンが漏れたので、火災の恐れがあるので・・・ということなのかわかりません。バイクは赤い色をしていめもの・・・というのはわかりました。マフラーの形も少し見えましたので、ドゥカティかな?

都筑パーキングでトイレ休憩の予定でしたので、そのままパーキングに入りましたが、そこからは事故の様子は見えません。いつも普通に通る道で、特に危険を感じていない場所での事故。あそこ、2車線だったか1車線だったか、意識していませんのでどうだったのでしょうか・・・。確かにカーブにはなっていますが、出口車線なので、みんな減速しているし、高速のインターでもっとカーブがきついところなどはたくさんあります。都筑の出口はわりと安全なとところと思っていたのですが・・・。

現場にクルマが何台が止まっていたので、みんな関係していたのでしょうか。あそこでバイクが転倒していたというのは、やはり車との接触により、バイクが転倒したのでしょうね。私が、しばらくパーキングで休憩した後に、料金所を通過する時に、やっと救急車が通過していました。私が現場を通過した時にはまだ警察は来ていない様子だったので、事故発生直後だったのでしょうか・・・。

バイクの方は、大丈夫だったのでしょうか・・・・とても心配です。ちょうど17時頃でしたので、どちらかへ出掛けて帰るところだったかな・・・・。先日の東名の事故に続いてのバイクの事故。人ごととは思えないです。

あのライダーの方のご無事と、事故がなくなることを祈ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

12月4日/東名のバイク事故

しばらく、このブログはお休みをさせていただいております。いろいろとご心配をおかけしておりますが、私事の都合でもうしばらくと思っていましたが、昨日の午後発生した東名高速での事故により、6時間以上も上り線が通行止めになった件で、あまりに内容が心痛むものなので、更新をさせていただきます。

事故は、東名高速の上り線の秦野中井ICを超えたあたりで発生しました。分離帯側の追い越し車線を走っていた車が、真ん中の車線に進路変更をした際、後ろから来た大型バイクと接触し、バイクは転倒し、運転者が投げ出されました。その際に、真ん中の車線を走っていた観光バスにバイクの運転者が轢かれ、死亡するというもの。その日は中国道でフェラーリの事故がありそちらが大々的に報道されたので、東名のニュースは少しだけ。ただ、東名が約6時間に渡り通行止めになったは珍しく、事故としては大きいもの。

ニュ-スの映像を見ていると、大型バイクが転倒してその後ろにバスが停車。バイクは大きな損傷がないように見えたので、それほどスピードは出ていなかったのかも。報道では「バスに轢かれた・・・」とありましたが、投げ出された身体をバスの前輪が乗り上げたらしいです。

ちょうどこの日は、私もバイクで出かけようと東名(下り)に乗ったのですが、風が少し強かったのてと、帰りは渋滞間違いなし・・・ということで何となくイヤな予感がして、横浜町田で東名を降り、海岸方面へ。帰途につく途中、東名の通行止めを知りました。

バイクの事故のニュースを聞くと、最近は凄く心が痛みます。昔のように暴走運転・・・ということではなく、大人の方のちょっとしたことで大事故に繋がり、命を落としています。単独で、障害物に衝突して・・・というのも後を絶ちませんが、車との接触による転倒や今回のように後続車に轢かれるというのが多いのも現実。

今回の事故の詳細はわかりませんが、車線変更の車に接触→転倒→後続車・・・、といった場合、誰が悪いのか・・・。バスの運転手にしても、突然目の前でバイクが転倒してら急ブレーキをかけても間に合わないでしょう・・・。

事故のあった秦野中井のあたりは、私も良く走ります。普段の東名の渋滞は、このあたりから始まるもの。御殿場から来ると、大井松田までが下りで秦野中井まで今度は登り坂になります。渋滞の最後尾までみんな結構速度を上げるところ。そのため、追突事故も多いです。今回の事故の原因とは関係ないとは思いますが、路上での急な進路変更や合図なしの進路変更など、クルマもバイクもよく見かけます。私もたま~に合図を出すのを忘れた~という時もあるのですが、そういう不注意が大事故を招くのです。

バイクに乗るようになってからわかったのですが、クルマだけしか乗らない人はバイクの動きがわからない場合が多いことも忘れてはいけません。まず、バイクがクルマと同じくらいの速度を出せることがわからない(高速道路を走っているのだから当たり前のことですが)。なので、ミラーで遠くに見えてたからと言っても、短時間に迫ってくることがわからない・・・。また、クルマの「死角」で、一般道では人や自転車に気をつけていても、高速ではバイクが「死角」にいることに気がつかない・・・。特に無理なすり抜けは危険。

サンデードライバーが多い休日には、特にそういったバイクに対する感覚の違いが事故に繋がると・・・。また、バイクの方も渋滞中ならまだしも、流れよく走っているところでもクルマとクルマの間をすり抜けて追い越しを掛ける。高速にいるクルマがみんな素晴らしいテクニックの持ち主ではないことを理解していないと・・・。

そんな互いの気持ちが別方向に行ってしまった時に大きな事故が発生する確率が高くなるのでしょう。

私は、昨年夏に自分が遭遇した事故のことが今でもトラウマになっいます。それゆえ、慎重になっている反面、ぎこちない運転になっているかもと思います。あの時は、国道246号線上で、脇から出てきた車との接触→転倒→身体が投げ出される・・・というものでした。ただし、速度が出ていなかったのと、後続車の大型トラックとの距離があり、手前で止まってくれたのが幸いしました。多少後遺症はありましたが、リハビリもすることな済んだことはとても幸運なことなのでしょうね。

今回の東名の事故は、想像ですが登り坂での転倒だったので、投げ出された身体は後方へ行ってしまったため、バスの下敷きになったのでしょうか・・・。もし下り坂なら前方に転がってバスは止まれたかも・・・。でもバスも下り坂だと速度が増すので・・・。というような様々なことが考えられます。ましてや遺族の方は複雑ではないかと。

いずれにしても、バイクの事故は打ち所が悪ければヘルメットを被っていても命を落とすことになります。また、高速道路では後続車も速度が出ているので、転倒した場合は・・・。

亡くなった方は、44歳の方で仲間とのツーリングの帰りだったとのこと。楽しいはずの休日が最悪の日となってしまいました。ご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

事故から1年

ちょうど1年前、バイクで走行中に事故に。相手方とは示談も済み、あとから後遺症があったら・・・と心配しましたが、身体に異常はないので、大丈夫でしょう。

事故の後、保険の交渉の大変だったし、仕事でも結構辛い時期もありましたが、今は新しいバイクにまた乗ることもでき、仕事の環境もまあまあ良くなりました。

考えてみれば、たいしたことない事故といえばそうだし、一歩間違えば・・・というようなものだったし、私にとっては軽く澄んで幸いでした。懲りもせずまたバイクに載っていますが、まだあの時のトラウマから抜け出せていません。スピードは出せないし(法規上はいいことなのですが)、走行中に「ここで転倒したら・・・」と思うことが頻繁です。それが良いことなのかどうかわかりませんが、無理はしなくなりましたので、新しいバイクで、まだ立ちゴケもありません。

きっと、今の緊張感が取れた時、また事故にあうのでしょうね。

バイクの他に身につけていたものに、その時の傷跡が残っています。ただ、ジャケットだけはほとんど無傷。事故にあった時からしばらく手がしびれていたので肩のあたりを打ったのですが、ジャケットが擦り切れた形跡はありません。夏だったので、メッシュのものでしたが、結構丈夫なのですね。事故にあったものなので、今シーズンは買い換えようと思っていましたが、まだ着れるし、お金がないのでそのまま着ています。結構高かったので、いいものだったのかも。

事故にあったバイクも、修理され中古車として販売されたのですが、しばらく売れないで店にそのまま。それもつい先日売れたそうです。店舗任せでしたが、整備だけはきちんとしていましたので、わりと外観はきれい。新しいオーナーさんの元でかわいがってもらっているでしょう。

バイクで出掛けて、無事に家に帰ると私自身もほっとします。何事も「無事に帰る」ことがすべてに優先される・・・と改めて感じながらこれからも無事故で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

ビーナスラインへ2

連休2日目。いよいよビーナスラインを通り、美ヶ原の高原美術館を目指します。天候は、眩しいくらいの日差し。朝から諏訪市内は気温30度。ビーナスラインは、茅野市内から、蓼科高原~白樺高原~車山高原~霧ヶ峰高原を経由して、美ヶ原まで約75キロのロングコース。かつては有料道路でしたが今は無料・・・。通しで走る人も多いのですが、それぞれ途中に観光スポットがあるので、そこを目指す人も。

蓼科高原から白樺湖までは森林の中を走り、その後地途中から視界が広がり絶景。白樺湖は大きいリゾート施設があるので、付近は渋滞。そこを過ぎ大門峠に差し掛かると大パノラマのスタートです。

1 2

2011_07170004

大門峠にて・・・。

途中で立ち寄りたいスポットはたくさんありましたが、とにかくまずは美ヶ原高原美術館へ。やはり連休中なので、それぞれの施設の駐車場は満車それにともない、待ちの車が道をふさぐ。そして大型観光バスがさらに道をふさぐ。おまけに、路上駐車と事故がありある一点を境に、双方向渋滞。尾根沿いの道のためか渋滞の原因スポットは遠くから見えますが、なかなか進みません。観光地はどこへ行っても同じことが起こります・・・。

霧ヶ峰のセンターを右折し、いよいよ標高2,000メートルまで北進です。

Photo

三峰展望台の駐車場にはとても入れないので、ちょっと路上から撮影。

Photo_2 Photo_3

美ヶ原高原美術館の手前までは、かなりきつい勾配ですが、気持ちいいです。美術館は「道の駅」にもなっていますので、広い駐車場がありますが、こちらも満車に近いです。バイク置き場もたくさん。私は早い時間でよかったのですが、いろいろと分散されていました。また、集団の方は遠くへ誘導されていた様子です。それと、ここは上田市になるのですね。

Photo_4 Photo_5

美術館からの眺めです。ここは標高2,000メートル弱。車やバイクで普通に来られるところで、2,000メートル以上の高さのところは国内で、あまりないのかも。私の故郷の岩手で最高峰とされる岩手山が標高2,038メートルなのである意味感動します。

Photo_6 Photo_7

美ヶ原高原美術館は、屋外展示施設なのですね。現代美術作品を集めているようです。独創的なものが多いのですが、屋外ということで大胆なデザインがとてもマッチしている感じです。でも、ここまで来るのが大変・・・。そして作品をここまで運ぶの大変だったでしょうね。

Photo_8 Photo_9

美術館から少し下ったところの散策路の入り口。ここから先に「美しの塔」があるのですが、今回はパス。

帰り道は下り坂。ちょっと恐いです。リアブレーキを使いすぎる癖があるので、できるだけエンジンブレーキと前のブレーキを上手く使い分けて。前にゆっくりの車を見つけてそのあとをゆっくり下ります。美術館のあたりは風もありさわやかでしたが、下るにつれて高原とはいえ暑くなります。気温というよりは日差しが強いので、それが余計に暑く感じます。

Photo_101 2_2

行きで通り過ぎた、車山のリフトです。このリフトで標高1,900メートル以上の山頂まで約15分で到着します。ここまで来る途中でまた、渋滞が何度も。下からファンの熱。そしてクラッチを握ったり離したりで、左手が痛くなり・・・。油圧クラッチは重いです。このリフトの入り口も渋滞でしたが、バイクはすぐに通してくれました。山頂まではかなりの勾配です。おひとり様は少ないですが、何人か・・・。そういえば、下の坊主を岩手山のリフトに乗せた時、泣いて泣いて大変でした。8月にもう一度連れて行こうかと思っていますが、大丈夫でしょうか。

Photo_11

リフトの下りからみた白樺湖です。これで、目的地は済みましたので、後は夕方まで周辺の道へ行って見ます。

Photo_12 Photo_13

左側が、白樺湖から佐久方面に少し行ったところにある女神湖。右側は、蓼科高原をかなり下ったところにある蓼科湖です。白樺湖もふくめこれらの湖は、農業用水を確保するために作られた人工湖なのだそうです。なので、このあたりは集落があり、観光施設も多くあります。今度はこのあたりに泊まってみたいものです。

いろいろと寄り道をしましたが、まる1日ビーナスラインとその周辺を走りました。バイクでこういうところを走るのもいろいろな形があります。平地では味わえないコースを疾走することも楽しいことでしょう。そして、目的地に着き自然の眺めを堪能する・・・。私は負け惜しみかも知れませんが、走りながらのんびりと自然を満喫する・・・。それぞれ楽しみ方があるので、お互いに共存して・・・と思っています。

3日目は、台風の影響で曇り空。運が良かったかな・・・。ホテルをチェックアウトしてそのまま中央道へ。長野県の区域は標高1,000メートル以上なので快適でしたが、山梨県に入った途端、標高が下がり熱気で・・・。ちょっと休みたくても、あの小仏トンネルの渋滞が始まる前に帰らないと・・・。通過は、10時30分頃でしたが、すでに渋滞でした。東名の大和トンネルもそうですが、一気に渋滞が解消するのが不思議。小仏トンネルを抜けた瞬間、ガラガラ状態。

八王子から、三鷹までは順調。ということで、私は調布で中央道を下り自宅へ無事戻りました。これから台風が来るようですが、うまく避けることができ、持参したレインスーツも使用することなく・・・。

あっという間の3日間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピーナスラインへ1

今回の3連休。久々のお泊りツーリング。もちろんソロ(1人)です。バイクツーリングの良いところは1人でも観光地を普通に旅行することができます。もちろん1人旅というのも最近プームになってきた「おひとりさま」で、多くの方が楽しんでいますが、連休の行楽地ではまだまだ少数派。私も仙台に単身赴任の時、休日に出掛けるのがなかなか・・・。

様々の施設も、バイクとライディングジャケットを着ていると、「おひとりさまですか・・・」のあとに「バイクですか・・・」「どちらから・・・」「どちらへ・・・」「いいですね~」なんている会話が続きます。

ただ、私のお泊りツーリングもそろそろ難しくなりました。下の坊主が小学校へ入ったのでそろそろ、いろいろなところへ連れて行ってやらないと行けません。今回はたまたま家族で出掛けることができない用事があり、私にとってしラッキーな連休。

さて、行先・・・。お泊りなら・・・、福島や新潟あたりもいいのですが、ツーリング雑誌には必ず出てくる絶景の地、ビーナスラインを目指すことに。正直言ってビーナスラインってどこにあるのか・・・・知りませんでしたが、諏訪から茅野を経由して美ヶ原まで・・・。2,000メートルの高原なのですね。雑誌などでは、緩やかなワインディングとぐんぐん登っていく爽快感が素晴らしいそうです・・・。とはいっても、走れるか・・・心配。ビーナスラインと一緒に雑誌に出てくるのが、岩手の八幡平アスピーテライン。確かにあそこは絶景です。ワインディングも楽しそうです・・・。私はクルマでは何度も走りましたが、道幅が狭いところもあり、勾配とカーブがきつく、とてもバイクで走るのは恐い・・・と思っているところです。ビーナスラインは八幡平よりはきついコースではない・・・との口コミもあり、ここに決定。

連休で高速は渋滞するので、2泊することにし、土曜日の午後に出発し、その日は諏訪泊り。翌日ビーナスラインを堪能し、3日目の朝に諏訪を出発し、昼頃帰宅のスケジュール。土曜日の午前中と月曜日の午後は家族サービスの予定もきちんと入ります。

いよいよ出発。八王子まで国道246と16号で行き、あとは中央道・・・。ところが何と東名が横浜青葉インターの先で事故渋滞。そのため多くのクルマが246に下りて来て、ひどい渋滞。まったく動きません。なので迂回し、町田市内へ抜けて・・・というルートに変更しましたしたが、町田街道も渋滞。八王子バイパスを過ぎたところでまたまた事故渋滞。自宅から八王子インターまで2時間以上もかかりました。慣れない道なので基本的にすり抜けはしないことにしていたので、車列に並びますが、暑さで熱中症になりそう。コンビニに見つけては休憩と水分補給の時間も余計に・・・。

渋滞中は、冷却ファンが回り、熱風が容赦なく下半身に。熱いです。中央道も相模湖付近で渋滞。山梨に入りやっと解消。しかし暑さは続きます。風も暑く走っていても涼しくないです・・・。このあたりの気温は35度ぐらい・・・。

Pa

八ヶ岳PAについたのは16時過ぎ。今日は諏訪湖を見よう・・・と思っていましたが、予定変更・・・。

明日はいよいよビーナスラインへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧